そばとアラブ人

a0007_002771_m

「そば」はイタリア語で?

和食は寿司をはじめとして世界でも人気が出てきているので、そばも soba で通じることがありますが、イタリアではどうでしょうか?pasta giapponese でもいいかも知れませんが、うどんとは区別できませんね。

説明するには、いろんな表現がありますが「そば粉」のことは grano saraceno (グラーノ サラチェーノ)といいます。フランス人はそば粉のクレープを食べますし、イタリア人も食材としてよく知っています。ですから、pasta di grano saraceno といえば、通じるでしょう。

意味は「サラセン人(saraceno)の小麦(grano)」とでもいいましょうか。

サラセン?

サラセン人?

今回はこの saraceno にご注目です!

 

「シャッター」のイタリア語は?

私はそば粉が grano saraceno ということを知って、あれ?と思いました。なぜならイタリア語で住宅や店舗の「シャッター」のことを saracinesca (サラチネスカ)というからです。何か似ていませんか?

 

saraceno とは?

じつは、saraceno というのは「サラセン人」のことで、世界史をよくご存じの方はサラセン帝国というのを聞いたことがあるでしょう。

サラセンは「イスラム」とほとんど同じ意味で使われ、サラセン人といえば「イスラム教徒、アラブ人」を指しているのです。

ですから、アジアが原産とされるそば粉は、イスラム(サラセン)を伝ってヨーロッパにもたらされたので、grano saraceno となったのでしょう。また「シャッター」は、サラセン人の鎧戸(よろいど)が由来にあるため、saracinesca となりました。

そば、シャッター、サラセン人、と一体、何がつながるかと思ったら、意外な接点があったのですね。

 

vocabolario

「サラセン人」に親しんで(?)いただいたところで、学んだイタリア語を整理してみましょう。イタリア人に「そば」を説明することは、結構ありそうですね。「シャッター」は知っていたら、イタリア人もびっくりするかも知れませんね。

grano saraceno (男性名詞) 「そば粉」
pasta lunga di grano saraceno
―「そば」

grano saracenoの発音はこちらから↓

 

saracinesca (女性名詞) 「シャッター、よろい戸」
Alzare la saracinesca di un negozio.
―「店のシャッターを開ける。」

saracinescaの発音はこちらから↓

 

サッカーでは、鉄壁のゴールキーパーのプレーを評して saracinesca という表現を使うようです。閉まったシャッターのようにゴールできないという感じでしょうね。

saraceno (形容詞) 「サラセン人(の)、アラビア人、イスラム教徒(の)」
l’esercito saraceno
―「イスラム軍」

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村


フローズンとカウダ

neve

フローズンとカウダ

先日は関東地方で大雪でした。私も家の前を何年ぶりかで雪かきをしました。それでも豪雪地帯の方々にとっては、この程度の雪は数えるうちに入らないでしょうね。

今日は「寒い・暑い」のイタリア語を、いつものように外来語から学んでみましょう。

 

まずは、「寒い」です。

英語では、freeze(凍らせる)、frozen (凍らせた)、refrigerator(冷蔵庫)という単語で「fr-」が幹となっています。

フローズンヨーグルトの frozen もそうですね。

「fr-」が幹となるのはイタリア語でも同じで、「寒い」を freddo (フレッド)といいます。冷蔵庫は frigorifero (フリゴリーフェロ)です。

 

では「暑い」はなんというのでしょう?

フォンデューに似た北イタリアの料理で、ここ数年で流行している bagna cauda (バーニャ・カウダ)をご存知でしょうか?

この cauda は、イタリア語の caldo (カルド=「暑い」)の方言です。bagnaは「ソース」の意ですので、バーニャ・カウダは「暑いソース」ということなんですね。したがって、caldo といえば「暑い」となります。

会話のときは動詞の fa をつけて、

Fa freddo.

Fa caldo.

といえば、「寒い、暑い」となります。

 

余談ですが、真夏のイタリアで、ある有名な美術館を訪れたとき、2階が閉まっています。どうしてか?と尋ねたところ、

―Fa troppo caldo.

つまり「暑すぎるので閉めた」ということで、びっくりしたことがありました。

 


レストラン「ガスト」

「ガスト」のgustoとは?

すかいらーくの運営するレストランチェーンで「ガスト」はみなさんご存じのことと思います。

日本語の「ガス灯」にも音が似ていて覚えやすい名前なのですが、私は前々からイタリア語との関連を疑っておりました…(笑)。

店名のガスト( gusto )の由来は調べてみると、公式にはスペイン語から名づけられたようですが、同じようにイタリア語にも gusto は存在しています。そしてスペイン語、イタリア語ともに「グースト」と発音し、意味もまったく同じであるのがおもしろいところです。

意味は「味覚、味」で、例えば、

un gusto dolce (グースト ドルチェ)

といえば「甘い味」となります。

この gusto を、スペイン語やイタリア語の「味」であることを知っている日本人はあまりいないと思います。しかし、スペイン人やイタリア人が見たら、ちょっと面白く感じるのではないかと思います。

gusto が「味、味覚」であることをつかんでおくと、次に出てくる文もスッとわかりますね。

gusto (nome m.) 「味覚、味、味わい 味わい」

―Non mi piace il gusto di questo formaggio.
―「このチーズの味は好きではない。」

 


ワインセラーとケータイ

ワインセラーの「セラー」

食欲の秋は、おいしい赤ワインを味わえる季節です。ワイン好きの方は、家に小さな「ワインセラー」をもっている方も多いようですね。

この何気なくつかっている「セラー」とはなんでしょうか? つづりは cellar で、イタリア語とも関係してくるコトバなのです。cellar は、もともと「小さい部屋」を意味するラテン語(そして、イタリア語も!)の cella (チェッラ)に由来しています。

地下にある小さな部屋は、食品やワインを貯蔵するので、そこからワインセラーの「 cellar 」という言葉になっていったのですね。

 

小さな部屋⇒細胞

さて、cella は「小さな部屋」とお伝えしましたが、もっともっと小さな部屋へとイメージを膨らませると生物の「細胞」のひとつひとつが、「小さな部屋」になっています。cella から派生した言葉として、

cellula (チェッルラ) 「細胞」

があります。これが「細胞の」という形容詞になると、

cellulare (チェッルッラーレ) 「細胞の、小部屋からできた」

となるのです。

 

ケータイのイタリア語はcellulare

イタリア語で「ケータイ」の携帯電話のことを、 cellulare というのですが、これは telefono cellulare の略です。理由は残念ながら(!)ちょっと難しく「携帯電話のサービスエリアを小さい区画 (= cella ) に分けて出力を小さく抑え, 同じ周波数帯を離れた区画でも用いれるから」とのことです・・・(ちょっとよくわかりませんが)。

いずれにしても、cellulare といえば、イタリア語の「ケータイ」で、「ワインセラー」とこんなところでつながっていました。

 


バッティングフォームとチーズ

スポーツのフォームとチーズ

野球やテニス、ゴルフなどのスポーツで「あの選手のフォームは美しい」などと言うことがあります。イチロー選手のバッティングフォームも美しいですね。

この「フォーム」というのは日本語ではなんと言うのでしょう?

カタチ? 様式? 姿? 形式?

なんだかスポーツでいうところの「フォーム」に該当する日本語はないような気がします。それだけ「フォーム」という外来語が日本語のように浸透しているのでしょう。

さて、このフォームというのは英語で form とつづるのですが、ラテン語の forma (フォルマ)を語源としており、イタリア語にはそのまま forma (フォルま)という単語があります。

例えば、(cilindrica (=「円筒状の」))

Sul tavolo c’era uno strano oggetto di forma cilindrica.

といえば、

「テーブルに、円筒の形をした変なものがありました。」となります。(←それこそなんか変な例文ですね。)

 

フォームとチーズの関わりとは?

では、今回のテーマである「フォームとチーズ」ですが、一体何の関わりがあるのでしょう?

ヒントは、チーズを製造するところにあります。冒頭の写真を見ていただければわかるように、チーズというのは、円径のようなある「型」をとって作られ、それが切られて売られています。

つまり製造のための丸い「型」( = forma )に流し込まれて発酵して作られたのがチーズであり、イタリア語の

formaggio (フォルマッジョ )

の forma だったのですね。チーズという意味のイタリア語に、こんな「フォーム」が隠されていたのです。

 

 

 

 


ティラミスの「引っぱる」


日本でひろまるカタカナ外来語を手がかりにイタリア語を学ぼう、というのがいつものコンセプトです。楽しんでいただけるようユニークなものを、と意気込んでいるので、今回の「ティラミス」はちょっとありふれているかと思い、後回しにしていたテーマでした。

しかし慣れ親しんだ「ティラミス」でも、調べてみると面白いことがわかってきたので、お伝えしたいと思います。

 

イタリア菓子の代名詞「ティラミス」

1990年代に日本に紹介され、あっという間にイタリアのお菓子の代名詞となった「ティラミス」は、ご存じの通り tiramisù と書きます。

このようにつながって綴るとわかりませんが、実は立派なイタリア語のフレーズなのです。

こう書けばなるほど納得でしょうか。

Tirami su ! (ティーラミ ス!)

どうでしょう?

分解すると、
 tira が「引き上げる、もちあげる」の動詞 tirare 
 mi は「私を」という人称代名詞。
そして
 su は「上に」という意味になります。

つまり「私を上に引きあげて」ということで、「私を元気にして」「私を励まして」といった意味のフレーズだったのです。

このお菓子は、ヴェネツィアが発祥とされており、特に女性はおいしいティラミスを食べれば元気倍増ですよね。

 tirare ですが、たとえば

 Tira la porta, non spingere. 

だったら「そのドアは引いてね、押してはだめよ。」となります。

あのティラミスが、3語のイタリアから構成されていた意味あるフレーズだったとは、われわれ日本人のほとんどは知らないでしょう。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村


帝王切開とタリアテッレ

カエサルこそ「帝王」

二人のローマ皇帝の名前、Julius (ジュリウス)と、Augustus (アウグストゥス)が、luglio (ルリオ、7月)と、agosto (アゴースト、8月)の名前の元になっていることを以前、お伝えしました。

もう一人、有名な古代ローマ皇帝があることばになっているのです。

それは「帝王」です。

「帝王」とは、ドイツ語の Kayser (カイザー)の訳なのですが、カイザーこそ Caesar (カエサル、古代ローマ皇帝)からできたことばなのです。(カエサルは、ジュリウス・シーザーともいいますね)

ただ、帝王切開がなぜ「帝王」なのかは、諸説あるようです。カエサルは帝王切開で生まれた、といった説まで登場しています。

 

イタリア語で「帝王切開」とは?

イタリア語でカエサルは、Giulio Cesare (ジュリオ・チェーザレ)といい、帝王切開のことを、Taglio Cesareo (ターリオ チェザーレオ)といいます。

ちなみにこの taglio は、「切断、切ること」の意で、パスタの tagliatelle (タリアテッレ)や、tagliolini (タリオリーニ)の、元にもなっていることばです。

 


香辛料もアロマ

日本語で「アロマ」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?

「アロマオイル」や「アロマテラピー」をイメージすることが多いと思うのですが、今日はこの「アロマ」という言葉にちょっとスパイスを加えます。

 

アロマの aroma は、ギリシア語・ラテン語が元で、ラテン語の aroma の意味は「香料」でした。
実はイタリア語でも、今も同じようにこの言葉が使われているのです。

イタリア語では aroma は「アローマ」と発音し、「芳香」のほかに「香料」や「香辛料」もアロマに含まれます。
日本では「アロマテラピー」という言葉が先に輸入され、それが略されて「アロマ」と言うようになったようですが、元々は「アロマ」という単語が先だったのですね。

ちなみに「アロマセラピー」は「アロマ」に「療法」という意味での therapy がついてできた言葉です。

このことを知っていると、  aroma という単語のイメージが少し変わってくるのではないかと思います。

aroma は、-aで終わりますが男性名詞で、

複数形になると aromi となります。

 

ニンニクや玉ねぎ、コショウ、バジリコ、パセリなど香りを加える食材を総称して aromi といいます。

 


「シミ」と「溺れる」

111030_1453~02.jpg 「シミ」と「溺れる」


caffemacchiato.jpg

喫茶店ではときどき見慣れないコーヒーの名前がよく出てきます。イタリア語の名前だったら、辞書で確認してみると面白いと思います。

たとえば、カフェラッテは、
Caffe e Latte

と書き、この latte は「ミルク」のこと。つまりミルクコーヒーだとわかります。

カフェオレはフランス語で、
cafe au lait と書き、
この lait も「ミルク」のことですから、latte も lait も意味は同じだったんですね。

カフェマッキアート(Caffe Macchiato)はどうでしょう?イタリア語で macchia とは、なんと、「シミ、汚れ、汚点」という意味なのです。

エスプレッソコーヒーにミルクの「シミ」がつくためです。面白い表現ですね。

さらに変わった名前があります。それは、カフェアッフォガートというデザートです。アイスクリームに熱いエスプレッソをかけたデザートです。

Caffe Affogato と書くのですが、この affogato は、「溺死した、おぼれた」という意味。

エスプレッソの中に、アイスクリームが「溺れる」ということでしょう。

ちなみにエスプレッソは espresso 、つまり英語の express ですから、「速達」や「急行列車」の意味でも使います。速達便の封筒には、espresso と書いてあります。

喫茶店でも辞書を片手にイタリア語の勉強が結構できますね。
 
 

東京ヴェルディと野菜

東京ヴェルディと野菜
verdura.jpg

サッカーチームの東京ヴェルディのverdyとは?

サッカーJリーグのチームのひとつに『東京ヴェルディ』があります。

こちらのチーム名の由来なんですが、ポルトガル語の verde (ヴェルデ=緑)から名づけられています。 そういえば、ユニフォームも緑ですね。

そしてイタリア語も「緑」は、verde (ヴェルデ)といいます。 東京ヴェルディとユニフォームカラーを想像すると、とても覚えやすいです。

 

ヴェルディの緑と野菜

また、イタリア語で「野菜」のことを

verdura (ヴェルドゥーラ)

というのですが、 この単語も、色の verde からきています。 野菜は緑だけでなくトマトの赤など、ナスの紫などなど、色々なカラーがありますが、総称として verdura なのです。

minestrone di verdura

であれば「野菜のミネストローネ(スープ)」となります。

 

 vocabolario

  • verde 「緑、緑の」
  • verdura (女性名詞) 「野菜」

 


ベバレッジ

111030_1453~02.jpg ベバレッジ
 
bere.jpg

ワインは赤と白とロゼがあり、好みが分かれるところですが、 みなさんはどうでしょうか?

私は冬になると赤、夏になると白です。

ということで、ワインだけではありませんが、 今回は「飲みもの」がテーマ。 「ビバレッジ」という言葉を聞いたことがありますか?「ベバレッジ」と書かれていることもありますね。

ご存じのキリンビバレッジや、飲みものの自動販売機の会社、ジャパンビバレッジなら、聞いたことがありそうですね。

このビバレッジ、ベバレッジの意味は、「飲料」で、英語では beverage とつづります。さて、このつづりをじーっと見ながら本題に入りましょう。イタリア語とどう関係あるのでしょう?

イタリア語では「飲む」という動詞は bere (ベーレ)で、一見関係ないようなのですが、この動詞を主語によって活用させると…

bevo、bevi、beve、beviamo、bevete、bevono

となるではありませんか!

そうですね。ビバレッジの beverage とは、大いに関係あり!と踏んで調べてみました。

この言葉は、ラテン語の「飲む」の bibere (ビべレ)が語源で、それが bevere という形になって、英語の beverage や、イタリア語の bere になったようです。

ということで、ベバレッジから学べるのが動詞 bere で、キーフレーズは

Beve un bicchiere di vino.

(彼はワインを一杯飲みます。)となります。

 

vocabolario

  • bere (動詞) 「飲む」

Beve un bicchiere di vino. 

(彼はワインを一杯飲みます。)

 

 

 


カルボナーラとカーボン紙

111030_1453~02.jpg カルボナーラとカーボン紙
carbonara.jpg

カルボナーラの元は炭?

あの美味しいクリームパスタ、 カルボナーラ( carbonara )。

この言葉を探ってみましょう。

carbonara の元となる、carbone (カルボーネ)は、 イタリア語で「石炭、炭」という意味。

つまり、英語でいうカーボン( carbon )なのです。 Cという炭素記号にもなってますね。

今はあまり使われなくなりましたが、 複写式の紙の「カーボン紙」の「カーボン」です。 煤(すす)に、蝋(ろう)や油をまぜて 作られているからだそうです。

 

メールの「CC」もカーボンから

ちなみに、メールで同じものを複数の相手に送るとき、 「cc」というものを使いますが、 これは、Carbon Copy の略なのです。 カーボン紙は使っていませんが、 複写したコピーを送っているからでしょうね。

それでは、carbonara の意味は何でしょう?

・・・

・・・

答えは「炭焼き、炭焼き人」です。

これがどうしてパスタの名前になったかを調べたところ、諸説あるようです。 あのクリームソースに振っている黒こしょうが 炭(すみ)の粉に似ているからとか、 炭焼き職人がつくった料理だから、などです。

イタリア語で正式には、

Spaghetti alla carbonara (スパゲッティ アッラ カルボナーラ)

となります。 あまりに親しみのある料理ですが、 カーボンと関係があるなんて意外ですね。

 

logo_small.jpg vocabolari

  • carbone
    「石炭、炭」
  • carbonara 「カルボナーラ、炭焼き、炭焼き人 」Spaghetti alla carbonara

 

 


ブーファロと水牛

111030_1453~02.jpg ブーファロと水牛

buffalo.jpg

モッツァレッラチーズの原料

イタリアの代表的チーズのひとつであるモッツァレッラ。私も大好きなチーズのひとつです。

モッツァレッラは、mozzarella とつづり、元々の原料は、bufala (ブーファラ、=水牛)だそうです。

「ブーファラ」と聞いてもなじみがないと思いますが・・・。


bufalaとバッファロー

しかし、

英語の buffalo (バッファロー)→ bufalo 

ということだったんですね。もう忘れませんね。私も最近になって「なんだ、バッファローだったのか!」と気づきました。bufala とバッファローとどちらも知っていたのに知識が連動しなかったのです。

mozzarellaチーズはbufalaから

ちなみに、bufaloが雄牛、bufalaが雌牛です。(もちろんチーズをつくるのは雌牛です…)

ということでmozzarellaチーズは、

latte di bufala

からつくる、と言われてもわかりますね。(latteはカフェラッテのラッテです。)

イタリアのこんなmozzarellaのサイトもありました。

Mozzarella di Bufala.org

サイトを見ていたら、食べたくなってきますね…。


たかがカルボナーラの発音ですが

 111030_1453~02.jpg たかがカルボナーラの発音ですが

    
先日、私の制作した「メールマガジン・プログラム」の音声をイタリア人に録音してもらいました。

その中には、日本人にも親しみやすいカルボナーラ、ピッツァ、ペンネといった単語があります。

音声チェックを行いながら、気がついたことがあります。それは「カルボナーラ」ひとつとっても、日本人のカルボナーラと、イタリア人のcarbonaraは、発音が全然違うのです。

イタリア語には、歌のようなイントネーションがあります。

音楽だと思い、歌のモノマネをするようにリピートしていると、私の「カルボナーラ」もかなりイタリア語らしくなってきました。

発音はカンタンそうに思えるイタリア語も、奥が深いなと思います。

(このたび、私の「メールマガジン・プログラム」には、たくさんの方から先行予約をいただいています。本当にありがとうございます。2月の15日からの配信を予定していましたが、音声配信の確認に今しばらくのお時間を下さい。

お伝えしたように、ネイティブの音声付きで配信いたしますが、イタリア語をよりよい環境でお聴きいただきたい、そんな思いから、クオリティのチェックを行っていますので、配信は、2月19日となる予定です。)


「メールマガジン・プログラム」は、身近な言葉を「テコ」に、メールマガジンを気軽にお読みいただきながら、イタリア語のベーシックを学んでしまおう、

という私の自信作です。↓

http://itacica.com/lettera_meltre.html


サラダとサラリーマン

111030_1453~02.jpg 「サラダ」と「サラリーマン」

insalata.jpg

サラダとサラリーマンを結ぶ「塩」

サラダ、そして、サラリーマン。

この2つは、なんにも関係のない言葉ですが、じつは、意外な共通点があります。そのキーワードはズバリ「塩」です。イタリア語で「塩」のことを、sale (サーレ)といいます。

サラダは、かつて野菜を塩漬けにしていたものがサラダを指していたことから来ています。

イタリア語でサラダは、insalata (インサラータ)です。

 

「塩」が給料の時代

そして、サラリーマンの「サラリー」は、古代ローマの時代、塩が非常に大切だった頃、軍人の給料が「塩」で支払われたことに由来しています。

サラリーはイタリア語で、salario (サラリオ)です。

sale (もともとラテン語ですが)から、意外な言葉に広がっていったのですね。

 

logo_small.jpg vocabolario

  • sale (男性名詞) 「塩」
  • insalata (女性名詞) 「サラダ」
  • salario (男性名詞) 「給料」

 

 


ポロねぎの「ポロ」とは…

111030_1453~02.jpg ポロねぎの「ポロ」とは…

porro.jpg

おいしいポロネギ

みなさんは、ポロ葱(ネギ)をご存知ですか?別名はリーキとも呼ばれ、太くて甘く、お料理に愛用されるネギです。ところで、このポロネギの「ポロ」とは一体、何でしょうか?

また見つけてしまいました…。

イタリア語に極めて近い「ポロ」

このポロネギの「ポロ」は、イタリア語なのです(断定!)。調べてみたところ、一説には「ネギ」のフランス語である poireau (ポワロー)から来ているとのこと。

しかし「ポワロー」と「ポロ」ではちょっと遠い気がします。
一方、イタリア語では、このポロネギのことをなんと porro (ポッロ)と発音するのです。↓ のサイトにもポロネギを食材としたレシピが紹介されています。
(porroの複数形はporriです)
porri (Il dizionario del cibo)フランス語よりイタリア語の方がずっと「ポロ」に近いと思いませんか?
ところで「R」の発音先ほど登場した porro ですが、このポッロの「R」は、イタリア語特有の巻き舌です。もし「L」で発音してしまうと、pollo (にわとり)になってしまうので、気をつけて下さいね。とんでもない間違いになってしまいますね。

logo_small.jpg vocabolario

  • porro (男性名詞) 「リーク、にらねぎ、ポロネギ」
  • pollo (男性名詞) 「にわとり」

数字の「4」

111030_1453~02.jpg 数字の「4」

 
pizza.jpg
音楽とピッツァに登場する「4」イタリアの作曲家・ヴィヴァルディの有名な作品「季」は、

Le quattro stagioni

といい、種のチーズの入ったピッツァのことは、

la pizza ai quattro formaggi

といいます。

つまり、quattro (クアットゥロ)は、uno(1)、due(2)、tre(3)についで、数字の「4」のことですね。四重奏のカルテット( quartett )ともよく似ています。


すでに知っているイタリア語の複数形

話は変わりますが、イタリア語の名詞で語尾が i で終わるものは、複数形です。ですから、先ほど登場した、

formaggi (フォルマッジ)も単数形は formaggio、

spaghetti (スパゲッティ)も単数形は spaghetto、

となります。先ほどのピッツァの quattro formaggi も、quattro なので複数形になっているわけです。

知っている単語で勉強すると、カンタンに思えてしまう文法がたくさんあります。これもそのひとつでした。

 

「カビ」という単語を知らなくても

余談になりますが、先日、この4種のピッツァの中に Gorgonzola という青かび入りのチーズが入っているのを見て、私の姪が「この葉っぱの入ったチーズ食べない」といいました。

「ゴルゴンゾーラチーズ」も「アオカビ」という単語も知らないので、こんな風に表現したわけです。なかなかうまいことを言うな、と思いました。

外国語は知らない単語がいつも登場しますが、私たちも知らない単語を表現しようとしたら、こんな機転の利かせ方がポイントかも知れませんね。

ちなみに「カビ」はイタリア語で、muffa といいます。