神風と切腹

111030_1453~02.jpg 神風と切腹


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 1 ♪(お時間のない方はここだけ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、イタリア語でも使われている日本語を、取り上げました。今回も、そうした言葉を2つみながら、イタリア語の特徴を学びましょう。

1つは、kamikaze (神風)です。

現在も続く悲しいニュースのひとつに、自爆テロがあります。

この自爆テロのことを kamikaze と表現して、イタリアやヨーロッパ各地のニュースでは報道していることもあります。

もうひとつは、切腹です。これはイタリアでは、harakiri (腹切り)といわれます。

この2つの単語から学べることは、イタリア語には、k(カッパ)もh(アッカ)もなく、こうした外来語にのみ、kやhを使用しているということです。

イタリア語の場合、kaであればca、kiはchiと書きますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 2 ♪ (さらにステップアップされたい方は)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみにイタリア語には、hのハ行の発音がないので、多くのイタリア人は「発音もできない」のです。さきほどのharakiriも「アラキリ」日本語の「部屋に入る」も「エヤニアイル」と発音してしまいます。

ヒアリングをするときに気をつけたい点です。

 


「既知」を生かすとは…

111030_1453~02.jpg 「既知」を生かすとは…

先日、ある旅行会社の社長さまとお話する機会がありました。

イタリアへのツアーも企画されているとのことですが、今は、ローマ、ミラノ、ヴェネツィア、…といった主要都市めぐりだけでなく、イタリア南部や、地域限定の「深堀り」ツアーも人気のようでした。

ユーロ高にもかかわらず、美術や音楽をはじめとしてイタリア人気はまだまだ高い!と感じました。

しかし一方で、イタリア旅行に行っても、イタリア語をひと言も話さなかった、という声がよく聞かれることも事実です。

現地のことばが少しでもできると、旅が何倍も楽しくなるのは世界共通です。

そんな方にはじめにお伝えするのは、イタリア語は、「CとGに関する例外を除いて、ほとんどローマ字読みで読める」ということです。

みなさん「へえーカンタンそうだね」となります。

 

そのCとGの例外も、たとえば…「CI」は、「チ」と読むのですが、ブランドの Gucci の「チ」、画家のダ・ヴィンチ da Vinci の「チ」、

「GNA」は「ニャ」と読むのですが、食べ物のラザーニャ( Lasagna )、都市のボローニャ( Bologna )の、「ニャ」と言えば、

 

すぐ覚えられます。知らずに読めてしまった方も多いでしょう。

こうして、「未知」のことも、すでに知っている「既知」とリンクさせることで、イタリア語学習は楽しく、カンタンになっていくのです。そのコンセプトをブログでお伝えしています。

 

 


J と G

111030_1453~02.jpg J と G
judo.jpg

今日は、一つ、読み方について復習しましょう。

イタリア語のアルファベットの数は英語と変りませんが、ほとんど使われないアルファベットがいくつかありました。

そのひとつが、「J」です。

J」 は「judo 柔道、jazz ジャズ、jeans ジーンズ」など、特定の外来語や、人名や地名を表すときにしか用いられず、一般にイタリア語は「ja ジャ、ju ジュ、jo ジョ」の発音にあたるものは「gia、giu、gio」と表記しました。

例えば、

giapponese は・・・

そうですね、英語の japanese「日本人」 です。「ジャッポネーゼ」と発音します。

それでは、

giornalismo はどうでしょうか。

そうです。

これは、英語の journalism 「報道、ジャーナリズム」、「ジョルナリズモ」と発音します。

イタリア語の「こんにちは」というあいさつにあたる「ブオンジョールノ」。

これは、 buon giorno でしたね。

これで、「gia、giu、gio」は「ジャ、ジュ、ジョ」と読むことが、定着したのではないでしょうか?


「オッカイド」と「オテル」

111030_1453~02.jpg 「オッカイド」と「オテル」

hotel.jpg
イタリア人はHを発音できない?
先日、私たちの新教材の録音をイタリア人にお願いして行ったときのことです。「オッカイド」という単語が聞こえてきました。

なんだか少し違和感がありましたが、北海道(hokkaido)を、こう読んだのです。

つまり、イタリア語はHを発音しないのです。というより、イタリア人はHをうまく発音できません。外来語のひとつであるホテルも hotel ですから「オテル」と発音します。

イタリア語にたくさん登場するH
ところが、発音しないHは外来語以外に使わないのかというとそうではありません。

ka、ki、ku、ke、ko のカ行は、k(カッパ)を使わない代わりに
ca、chi、cu、che、co というように書くのです。

2008年にオリンピックの開催された北京は、Pechino、つまり「ペキーノ」と読みます。

ちなみに北京オリンピックは、Olimpiadi di Pechino といいます。


カプチーノとピノキオ

111030_1453~02.jpg カプチーノとピノキオ

pinocchio.jpg

カプチーノは実は「カップッチーノ」

日本でもすっかりお馴染みになったカプチーノという飲み物。

イタリア語のつづりは cappuccino ですので…

なんと正しい発音は、「カップッチーノ」だとご存知でしたか?pp と、cc のように、同じ二文字が連なると、小さい「っ」になるわけです。

では、日本人も知っているイタリア語で、このことをちょっと見直してみましょう。

「バレリーナ」は、ballerina ですから「バッレリーナ」ですし、

「スパゲティー」は、spaghetti ですから「スパゲッティ」となります。

モツァレラチーズも、mozzarella ですから、「モッツァレッラ」です。

ちなみに、あの有名な童話のピノキオも、原作がイタリアで、Pinocchio ですから、「ピノッキオ」でした。


イタリア語のchi (キ)

111030_1453~02.jpg イタリア語のchi (キ)

cachi.jpg

日本人にとってイタリア語の発音は、とてもカンタンです。
英語やフランス語ですと、発音だけに絞った教材すらありますが、イタリア語は一冊も発刊されていません。 

ですが、ここで「あえて」、日本人の苦手な発音は何か?と日本で教えるイタリア人の先生に尋ねてみたところ…
答えは意外なもので、「chi (キ)」と「gli (リ)」でした。
たしかにイタリア語のカ行の発音は、日本語よりもう少し強めのようです。「カ・キ・ク・ケ・コ」は、ca、chi、cu、che、co となりますが、ちょっと意識するようにしてもいいかもしれません。

c のイタリア語特有の読みをおさらいしておきましょう。

ci  ce は「チ」と「チェ」と読むことはすでにご存知ですね。
(ブランドのGucciの「チ」、喫茶店のVeloceの「チェ」です)

「キ」と「ケ」は、chi と che と書きます。
では、cachiは何と読むでしょう。

おわかりですね。「カーキ」です。意味は、あの果物の「柿」です。イタリア語でも柿は柿でした。