地震は大地が動く

 

terremoto

頻発する地震

このところの1ケ月(2015年5、6月)で、ネパールでの大地震にはじまり、日本でも火山の噴火(口永良部島)や地震(小笠原沖地震)が相次いでいます。

-小笠原沖地震のYahoo Italiaでの記事はこちら
https://it.notizie.yahoo.com/terremoto-di-magnitudo-8-5-al-largo-del-121600838.html

地震には慣れているものの、上に乗っている建物の重さなど関係なく大きく大地が揺れてしまうのですから、あらためて凄まじいエネルギーだと思います。

昔の人たちが大地と神さまを結びつけて考えたのも、ごく自然なことかも知れません。

 

terremoto というイタリア語

ところで、以前にも何度かテーマにしたことがありますが、「地震」はイタリア語で terremoto (テッレモート)といいます。

この terremoto は、語源を学ぶことのできるいい例なので、まずterreとmotoに分けて考えてみましょう。

terre は「大地」という意味の terra で、Terra というように大文字で始まると「地球」という意味になります。同じ語源ではテリトリー(領土)など土地に関係する言葉だということがわかります。

moto はバイクの「モーター」と同じ意味で「動き、運動」です。

したがって terremoto は、「大地の動き」=「地震」となります。

このことを知ったうえで、イタリア語の terremoto を聴いて発音してみましょう。知っているイタリア語でも新鮮な感じがしませんか?

 

vocabolario(まとめ)

terremoto (男性名詞)「地震」

terra (女性名詞)「大地、土地」

Terra (女性名詞)「地球」
La Terra ruota intorno al Sole. 「地球は太陽の周りをまわっている」

moto (男性名詞)「動き、運動」

motore (男性名詞)「エンジン、モーター」

 

イタリア語は、このように語源の知識を活用するだけで、暗記に頼らず学べます。それは基本文法でもいえることです。

itacicaのメール講座は、31日間(15日間速習バージョンもありますのでご相談下さい。)こうした「ネタ」だけ、丸暗記不要でイタリア語の基礎が学べます。語学学校の約2回分のレッスン費用で受講できると考えてみてください(ご満足いただけない場合の返金保証もあります)。

http://itacica.com/studyitalian/mailtraining1/

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったら2ヶ所クリックいただけると嬉しいです!クリックすると、イタリア語に関する楽しいブログがたくさんあるページにリンクしています。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

Share on Facebook

火山と神々

Etna Sicilia

御嶽山の噴火(2014年9月27日)は、本当に悲しく、衝撃的な天災となりました。亡くなられた方々とご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

この噴火では、多くの人が自然を畏怖するような気持ちをもったと思いますが、私もその一人です。今回は、イタリア語とともにそんな畏怖心をもって文章をつづりたいと思います。

 

火山の「ヴォルケイノ」

火山のことは英語で volcano (ヴォルケイノ)といいますが、英語らしからぬ発音・つづりだと感じたことはありませんか?

なんと volcano の由来はイタリア語で、イタリア語では vulcano とつづり、「ヴゥルカーノ」と発音するのです。

 

語源はローマ神話の神

語源は、古代ローマ神話の火の神「Vulcanus(ウルカヌス)」から来ており、神と山がつながることは、日本とよく似ている気がします。

日本には古くから山自体が信仰の対象とされ、禁足地とされている山もあるということも、なにか神と自然との関わりが感じられます。

日本も火山の多い国ですが、イタリアもシチリア島にある Etna(写真)や、古代ローマ時代の噴火で有名な Vesuvio は、活火山としてよく知られています。

 

それではイタリア語の vulcano を発音してみましょう。

 

vocabolario

vulcano (男性名詞)「火山」

vulcano attivo 「活火山」

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

Share on Facebook

アルプスとアルバム

LeAlpi

アルプスとアルバムの共通点とは?

白い雪で覆われた美しい山々の「アルプス」は alps、

白い紙(台紙)で綴られた写真帖の「アルバム」は album と英語でつづります。

どちらも「白」と、alp-、alb-に共通点があることがわかるように、 alp- alb-は、「白」を表す語源となっています。

遺伝子疾患のひとつである「先天性白皮症」は 「アルビノ」と呼ばれますが、こちらも albino で、alb- ではじまっています。

 

イタリア語の alba とは?

そこでイタリア語の登場です。

alba です。

alba は、「夜明け、日の出」という意味で、たしかに太陽の昇る直前、空は白く染まりますね。

発音は「アルバ」で、アルプスやアルバムのことを意識して発音してみると、語感の豊かな広がりを感じることができます。

ちなみにアルプスとアルバムはイタリア語でそれぞれ alpi album です。

身近な外来語や英語をじょうずに生かせば、 イタリア語も気軽に学べます。

 

それではalbaの発音を聞いてみましょう!

 

vocabolario

まとめ―alp-,alb-は「白」に関係しています。

alba (女性名詞)「夜明け、曙」

⇔ tramonto (男性名詞)「日没、日の入り」

album (男性名詞) 「写真帳、アルバム」

Alpi  ( Le Alpi ) (女性名詞、複数) 「アルプス山脈」

 

イタリアにあるアルプスに関する情報をまとめているサイトをご紹介します。

Alpi italiane

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

Share on Facebook

オカリナとある鳥

oca

オカリナはイタリア語だった!

楽器のカタチは何かの形を模していることがあります。例えば、ヴァイオリンやチェロの形は、女性の身体をあらわしている、と聞いたことがあります。

楽器の「オカリナ」は、模しているわけではないのですが、名前そのものの由来がとても面白いのです。では、今回のテーマ「オカリナ」を探ってみましょう。

これは私も最近になって「そういえばそうか!」と気付いたのですが、 ocarina という単語は、イタリア語なのです!親しみのある言葉ですが、イタリア語だと知っている日本人は少ないでしょう。

 

オカリナのoca

さらに、この ocarina には oca という単語が、 ひそんでいます。 oca の意味は「ガチョウ」なのです。

oca という単語に「小さい、かわいらしい」をあらわす接尾辞 -ino が合わさって、 ocarina となりました。(以前テーマにした「小さなviola」でviolino(ヴァイオリン)になったのと同じです。)

オカリナという楽器の形が、ガチョウの首のようであることから名前がついたようです。 ちなみに「オカリナ」という楽器はコレ↓です。

ocarina

 

 

 

 

なんだかオカリナという楽器の形が新鮮に思えてきますね。 この楽器の由来をさらに探ってみると驚きます。オカリナを発明したのは…。

oca (女性名詞) 「ガチョウ」

 

Share on Facebook

感染症「マラリア」はイタリア発?

マラリア

あの感染症の「マラリア」とイタリア語が・・・

以前、インフルエンザは正真正銘のイタリア語であるとお伝えしました。

⇒「インフルエンザウイルス」の記事はこちらから

今回のテーマも、直球勝負のイタリア語です。「まさかこれがイタリア語だったのか!」というもの。それはなんと「マラリア」です。

マラリアは熱帯地域で主に流行し、蚊を媒介とする感染症で、マラリアにかかると大変な高熱に襲われるそうです。イタリアとは無関係に思えますが、「マラリア」という言葉の成り立ちを見てみましょう。

 

「悪い空気」

マラリアは、かつて蚊ではなく、沼地の「悪い空気」が媒介する病気と考えられていたようです。このことを知ると、イタリア語との結びつきがわかってきます。

マラリアは、 malaria ( mala + aria )とつづり、mal(o) は「悪い」という形容詞、 aria は「空気」という意味ですから、正真正銘のイタリア語がつながってできていたのですね。

「エアコン」をイタリア語で aria condizionata といいますが、こんなところにも「マラリア」の aria が登場しています。

 

 

Share on Facebook

焦点のフォーカス

fuoco

フォーカスにフォーカス!

ことばの「語源」というのは本当におもしろいもので、ときどき思わぬところに行きあたることがあります。

カメラで焦点を合わせることを「フォーカスする」と言ったり、考えを何か一つに集中させるときも「フォーカスする」なんていう表現をします。

このフォーカスは英語で focus とつづります。ではここで、このつづり focus  o の前に「 u 」を入れてみて下さい。

fuocus

となりますが、イタリア語のある単語に似てきます。それは「火」という意味の fuoco (フオーコ)で、フォーカスも、fuoco もラテン語の focus (フォークス=炉、火)という同じ語源を元にしています。

炉は燃える火の中心であり、光・火をあてると焦点(ピント)が合いますね。そこからフォーカスという単語になりました。

イタリア語では「焦点、フォーカス」の意味もありますし、そのまま「火、炉」という意味で使われています。

では、ちょっと例をみてみましょう。

Accendi il fuoco.

といえば、「火をつけて、点火して」となります。

 

まとめ

焦点の「フォーカス」の focus の語源は focus (=炉、火)と同じで、イタリア語の fuoco 「火」とつがなっています。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

Share on Facebook

@とカタツムリ

chiocciola

今回は外来語ではありませんが、身近な@がテーマです。

メールアドレスに使う、「@」の「アットマーク」は、ご存知ですね。これは、英語の at をもとにしています。ところが、イタリア語では、全然違うのです。

「@」のカタチをよーく見て下さい。なんだか渦を巻いていませんか?

そうです。イタリア語では、「@」を、「カタツムリ」という意味の、

chiocciola (キオッチョラ)と言うのです。

アットマークと違い、可愛らしい言い方ですね。メールアドレスを伝えることは多いので、覚えておくと便利です。

 

ちなみに、楽器のヴァイオリンも、先端が渦巻きになっているので、この部分も

chiocciola と言います。

 

Share on Facebook

10月にタコにオクターブ

otto.jpg

10月なのに8、9月なのに7

暦の10月のことを英語では october 、イタリア語では ottobre (オットーブレ)といいますね。 これが数字の「8」の otto と何か関係がありそう、と思ったことはありませんか?

それは9月の settembre (セッテンブレ)が、数字の「7」 sette となっていることにもいえそうですね。 さらに、10月が「8」、9月が「7」のように2つずれていることも気になります。

 

古代ローマの暦

これは、古代ローマ時代の暦(こよみ)が、「3月」からスタートしていたことに起因しています。

3月から数えると、9月は「7」番目の月ですから

settembre ( ←sette )、

10月は「8」番目の月なので

ottobre ( ←otto )、というわけでした。

 

8はあちこちに

では、さらにこの「8」を深堀りしてみましょう。あちこちで登場してきます。

英語で「タコ」のことを octopus (オクトパス)といいますが、これはあの軟体動物の足が「8本」あるからで、ここにも otto が隠れていました。

それから、音楽には「オクターヴ」という用語があります。 歌手にも「3オクターブの声域」とかいいますが、この「ドレミファソラシド」の「8」段階のことを octave というんですね。

イタリア語では ottava といいます。いろんなところに otto が登場していたんですね。

 

vocabolario

  • ottobre 「10月」
  • otto 「8」
  • settembre  「9月」
  • sette 「7」
  • ottava (女性名詞) 「(音楽の)オクターブ」
Share on Facebook

地震とツナミ

111030_1453~02.jpg 地震とツナミ

東北地方太平洋沖大地震では、地震や津波の被害だけでなく、原発の災害にも見舞われることになりました。1日も早い復興と生活の安定を祈願して、今回も「地震」をテーマにいたします。

この地震は外国からの関心も非常に高く、イタリアでも連日のように報道がなされています。

前回はイタリア語で「地震」は、

terra (大地) + moto (動く)= terremoto (テレモート)

であるとお伝えしました。

ところが、記事をいろいろとみていると terremoto だけでなく、 sisma (シースマ)という単語をたびたび目にするようになり、気になって調べてみました。

たとえば、記事のタイトルで、

Sisma devasta il Giappone. (シスマ デヴァスタ ジャッポーネ)

というものがありました。( devastare は「荒廃させる」という意味です)

この sisma は、ギリシャ語の seismós (サイスモス)「地震」という単語に由来していることがわかりました。英語では「地震学」を seismology (サイズモロジー)、「地震観測」を seismography (サイズモグラフィー)といいます。「サイズモ系地震計」という呼び名もあるようです。

イタリア語の sisma (シースマ)という単語は、この seismo から来ていたのですね。

最後にクイズをひとつ。「津波」はそのまま tsunami としてイタリア語でも使われているのですが、
terremoto ( terra + moto )を応用すると、イタリア語の「津波」という表現もすぐわかるのです。

さて何と言うでしょうか。ヒントは「海が動く」です。

考えてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ひとりごと】

地震のニュースは本当に胸が痛みます。そして余震もほとんど毎日のように続いており、こちらも不安になります。

放射能については「安全」と「危険」のどちらの報道もなされ、正しい情報が欲しい、と思います。福島県にお住まいの方々はどれだけ不安な思いで過ごしていらっしゃることでしょうか?

「生きる」とか「生活」そのものをあらためて考えさせられる毎日です。被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

Share on Facebook

大地が動いた地震

—————————————————-
~ 17 marzo, 2011 ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめに、3月11日に起きた「東北地方太平洋沖地震」により被害を受けられました皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。そして被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

こういうときにメールマガジンでイタリア語を学習、という心境ではないと思いますが、私たちは、こういうときこそ、平時にあるものが、平常通り活動を続けることが、将来の復興につながると考え、継続してメルマガを発行していきたいと考えます。

将来的に、イタリア語で自国の状況を伝えるケースも出てくるかと思いますので、今回は予定を変更して「地震」をテーマにいたします。

イタリアのニュースサイトでも日本の地震や津波が大きく取り上げられています。

以前少し書いたことがありますが、「地震」はイタリア語で terremoto (テッレモート)といいます。

この terremoto は、2つの言葉が合わさってできています。

terre は「大地」という意味の terra 、

moto はバイクのモーターと同じ意味で「動き、運動」です。

「大地が動く = 地震」となります。

例文をあげると

La citta’ e’ distrutta dal terremoto. (町は地震により破壊された。)

タイルや焼きものの材料となる粘土を「テラコッタ」といいますが、この terracotta (テラコッタ)にも terra が含まれていますね。

terra (テッラ)は「 大地⇒土 」であり、cotta は「焼く」という意味ですので、

「焼いた土」⇒「テラコッタ」となるわけです。

terremoto も terracotta も2つのことばが組み合わさっていることがわかります。

もう一つ、 terra と組み合わさった言葉で、太平洋などの海洋の名前になっているものがあります。考えてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ひとりごと】

地震のニュースを見るたびに、被災地の方々の悲しみと、困難な状況に、胸が痛みます。

私の住む東京では、計画停電が実施されていますが、節電ということも今せめてできる行動のひとつかもしれません。

何かを失ったとき、何かが足りないとき、困ったときに、本当にそのありがたみ、大切さに気付かされます。今はそうしたことを実感する日々です。被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

Share on Facebook

テラコッタ、テラス、テリトリー

terracotta.jpg

「インギルテッラ」という国

W杯サッカー(2010年)は、ベスト8を目前に、日本代表惜しかったですね。

でもチームとして、とてもまとまっており、「チームワーク」ということの大切さを再認識させてくれました。

一回戦敗退で惜しまれる国が、もうひとつ。Inghilterra (インギルテッラ)です。これは、イタリア語表記なのですが、おわかりでしょうか?

国名のイタリア語には、外来語や、英語とは似ても似つかないものがありますが、これもその一つ。

正解は「イギリス」です。

英語では England(イングランド)で、angle (アングロサクソンのアングル)の land (国)というわけです。

 

terra は「土、土地」

イタリア語の Inghilterra をみてみると、inghil  が「アングル」にあたり、terra は、タイルで知られるテラコッタ( terra cotta )と同じ「土、土地( land )」のことを指します。

この terra は、「領土」のテリトリー(territory)や、テラス(terrace)などと同じ語源です。

Inghilterra の「ghi」は「ギ」と読み、spaghetti の「ghe」は「ゲ」と読むことから、イタリア語の「ghi, ghe」は「ギ、ゲ」と読むことも学べます。

 

ひとりごと

7月になりました。ということは2010年も後半戦です。

といっても、日付や、平日・休日、時間、締め切り…こういうものにあんまり縛られないで、生活したいなと思ってます。季節の移り変わりぐらいに合わせてゆったり生きられないものでしょうか。

時計の針で、秒針も分針もなくしたら、ゆっくりしていて、オモシロいでしょうね。

 

Share on Facebook

朝はアルバムとオーロラ

111030_1453~02.jpg 朝はアルバムとオーロラ

aurola.jpg

今年もイタリア語にまつわる楽しい話題をお伝えしますので、よろしくお願いします!私は、今年になってからなぜか早起きです。明け方、夜空が白から、だんだんとオレンジ色へと変化する光景は、清々しい気分になります。

イタリア語では東の夜空が「白く」なるときを

alba (アルバ)
といいます。写真帳のことをアルバム( album )といいますが、これも「真っ白い」台紙を指しているんですね。
albus (白い)というラテン語からきています。

alba のあとに、だんだんと太陽が昇ってくる日本語でいう「曙(あけぼの)」は、イタリア語で、
aurola (アウローラ)といいます。
なんとアラスカなどで見られるあのオーロラと同じ単語だったのです。ということで、本日の aurola (写真上)です!

残念ながらイタリアではありませんが…
Share on Facebook

アブルッツォの地震

111030_1453~02.jpg アブルッツォの地震

イタリア中部の地震がニュースになっていますが、首相が、海外からの人命救助支援を断ったとのこと、余震も続いており、地震国の日本人としても胸の痛むニュースです。

イタリア大使館では、募金活動を行っているので下記にご案内いたします。

イタリア大使館へのリンク

 

地震はイタリア語で、terremoto (テッレモート)といいます。terra(e) とは、もともと「大地」の意で、motoは「動く」の意味です。

terrace (テラス)や、territory (テリトリー、領域)

の語源にもなっています。

以前、お伝えした terracotta (テラコッタ)を思い出された方もいるでしょう。

ちなみに犬のテリア(terrier)もそうです。狩った獲物を(大地に)穴を掘って埋めていたことからきたそうです。

 

 

Share on Facebook