Currently browsing category

外来語から学べるイタリア語, Page 2

アニメは魂?

アニメはそもそも… 日本語では映画やテレビで上映、放映される漫画のことをアニメといいますが、もちろんこれはアニメーションの略です。 「アニメ」という言葉を聴くと、日本人はどうしても子どもたちの人気のキャラクターを想像する …

モンドセレクション

お菓子や飲み物の世界的な品評会として有名な「モンドセレクション」をご存知ですか? (よくお菓子のラベルなんかに「モンドセレクション金賞受賞」などと貼ってあります) この monde selection の monde ( …

あとはアドリブで・・・

なんと「アドリブ」はラテン語! 結婚式や、ビジネスの発表、挨拶などで、「あとはアドリブでお願いします。」なんて言うことがありませんか? 「アドリブ」は、原稿を準備するより、うまくいくときがときどきありますよね。 今や完璧 …

オーソレミオとソーラーパネル

イタリア民謡はカンツォーネ(canzone)といいます。 このカンツォーネの中でも、今回のテーマの「オーソレミオ」は、日本で一番有名なイタリアの歌かもしれませんね。 もしも‘O sole mio(オーソレミオ …

感染症「マラリア」はイタリア発?

あの感染症の「マラリア」とイタリア語が・・・ 以前、インフルエンザは正真正銘のイタリア語であるとお伝えしました。 ⇒「インフルエンザウイルス」の記事はこちらから 今回のテーマも、直球勝負のイタリア語です。「まさかこれがイ …

ビタミンとバイタリティー

ビタミン、バイタリティーの共通点 アカペラやインフルエンザなどは、正真正銘のイタリア語でわかりやすいのですが、カタカナ外来語の中に「さりげなく」隠れているものもあります。 「健康のためにビタミンをよく摂って下さい。」とか …

オカリナとある鳥

オカリナはイタリア語だった! 楽器のカタチは何かの形を模していることがあります。例えば、ヴァイオリンやチェロの形は、女性の身体をあらわしている、と聞いたことがあります。 楽器の「オカリナ」は、模しているわけではないのです …

2月が年末?

数字と9月~12月のズレ 本日は3月1日、新年です!といったらおかしいのですが、ある時代には3月がスタートで、2月末が「年末」であることが納得できる、というテーマです。 イタリア語で、数字の7~10と、9月~12月のこと …

レストラン「ガスト」

「ガスト」のgustoとは? すかいらーくの運営するレストランチェーンで「ガスト」はみなさんご存じのことと思います。 日本語の「ガス灯」にも音が似ていて覚えやすい名前なのですが、私は前々からイタリア語との関連を疑っており …

ワインセラーとケータイ

ワインセラーの「セラー」 食欲の秋は、おいしい赤ワインを味わえる季節です。ワイン好きの方は、家に小さな「ワインセラー」をもっている方も多いようですね。 この何気なくつかっている「セラー」とはなんでしょうか? つづりは c …

焦点のフォーカス

フォーカスにフォーカス! ことばの「語源」というのは本当におもしろいもので、ときどき思わぬところに行きあたることがあります。 カメラで焦点を合わせることを「フォーカスする」と言ったり、考えを何か一つに集中させるときも「フ …

バッティングフォームとチーズ

スポーツのフォームとチーズ 野球やテニス、ゴルフなどのスポーツで「あの選手のフォームは美しい」などと言うことがあります。イチロー選手のバッティングフォームも美しいですね。 この「フォーム」というのは日本語ではなんと言うの …

ベネッセコーポレーション

「赤ペン先生」で有名なベネッセ 「赤ペン先生」で有名な「進研ゼミ」は、ベネッセコーポレーションによって運営されていますが、「ベネッセ」はみなさまもご存じのブランドですね。今回は教育ビジネスでは日本でもトップクラスのこの「 …

モノクロとモノトーン

モノクロとモノトーン 今でもおじいさん、おばあさんの世代は、映画やテレビがすべて白黒であった時代を知っており、「昔のテレビはみんなモノクロだったんだよ」と、言います。 また、私が大学生だった頃(15年ほど前ですが)、女の …

手紙の追伸「P.S.」

手紙の追伸「P.S.」って何? 最近はメールが主流となってきたので、手紙を手書きで書くことは少なくなってきました。ですが、やはり手書きの手紙というのはいいものですね。 手紙の最後に付け加えることがあるときは、 「P.S. …

ティラミスの「引っぱる」

日本でひろまるカタカナ外来語を手がかりにイタリア語を学ぼう、というのがいつものコンセプトです。楽しんでいただけるようユニークなものを、と意気込んでいるので、今回の「ティラミス」はちょっとありふれているかと思い、後回しにし …

帝王切開とタリアテッレ

カエサルこそ「帝王」 二人のローマ皇帝の名前、Julius (ジュリウス)と、Augustus (アウグストゥス)が、luglio (ルリオ、7月)と、agosto (アゴースト、8月)の名前の元になっていることを以前、 …

メゾソプラノ

メゾソプラノの「メゾ」 合唱のコーラスで、ソプラノという一番高い声域の次に、「メゾソプラノ」という声域があります。 これは、ソプラノの次の「アルト」との「中間」の音域のことを指します。 この「メゾソプラノ」の「メゾ」は、 …

雨合羽(あまがっぱ)

雨合羽(あまがっぱ)の「カッパ」は外来語 「雨合羽(あまがっぱ)」という言葉は、若い人の間ではあまり使われなくなってはいるものの、「合羽(かっぱ)」は日本語だと思っている人は多いでしょう。 ところが実は「カッパ」の由来は …

セミナーとゼミナール

講演会のセミナー、学校のゼミナール 講演会などを「セミナー」と呼びますが、予備校の名前などによく使われるのが「ゼミナール」という単語。 大学でも研究室を「ゼミ」と呼びますが、これもゼミナールの略ですね。 そもそもこのセミ …