パトロンとパトリオット

パトロンとパトリオットitacica.comOLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近ではあまり使われなくなりましたが、才能ある芸術家を芽が出るまで育てたりする人を「パトロン」ということがあります。

イタリアのルネッサンスも、メディチ家など芸術家の後援者がいたからこそでしょうね。

また、「愛国者」のことを英語で「パトリオット(ペイトリオット)」といい、
アメリカ軍の兵器の名前に「パトリオットミサイル」というものまであります。

このパトロンとパトリオットは、それぞれ patron と patriot とつづります。

pat- ではじまるこの2つの言葉の語源をたどって理解すると、イタリア語の大事な言葉のいくつかがカンタンにわかるようになるのです。

その語源とは、ラテン語の pater (パテル)、つまり「父」に行き当たります。

ここが原点です。

「父」から「主人」とか「祖国」へとつながり、「パトロン」、「パトリオット」になったのですね。

 

さて、paterを語源とした肝心のイタリア語ですが、

イタリア語の「父」は padre (パードレ)、「主人」は padrone (パドローネ)、「祖国」は patria (パートリア)といいますが、全部語源は同じであることがすぐわかります。

さらにはまた patrimonio (パトリモーニオ)も、「遺産、相続」ですが、これも「父から受け継ぐもの」と考えると、すっと理解できますね。

 

それではイタリア語の patria と patrimonio を聴きながらおさらいしておきます。

 

 

vocabolario

padre (男性名詞)「父」

padrone (男性名詞)「主人」
padrone di un cane 「犬の主人」

patria (女性名詞)「祖国」
lottare per la patria 「祖国のために戦う」

patrimonio (男性名詞)「遺産、相続」
patrimonio artistico

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

Share on Facebook