J と G

J と G

111030_1453~02.jpg J と G
judo.jpg

今日は、一つ、読み方について復習しましょう。

イタリア語のアルファベットの数は英語と変りませんが、ほとんど使われないアルファベットがいくつかありました。

そのひとつが、「J」です。

J」 は「judo 柔道、jazz ジャズ、jeans ジーンズ」など、特定の外来語や、人名や地名を表すときにしか用いられず、一般にイタリア語は「ja ジャ、ju ジュ、jo ジョ」の発音にあたるものは「gia、giu、gio」と表記しました。

例えば、

giapponese は・・・

そうですね、英語の japanese「日本人」 です。「ジャッポネーゼ」と発音します。

それでは、

giornalismo はどうでしょうか。

そうです。

これは、英語の journalism 「報道、ジャーナリズム」、「ジョルナリズモ」と発音します。

イタリア語の「こんにちは」というあいさつにあたる「ブオンジョールノ」。

これは、 buon giorno でしたね。

これで、「gia、giu、gio」は「ジャ、ジュ、ジョ」と読むことが、定着したのではないでしょうか?