津波と台風

津波と台風itacica.com111030_1453~02.jpg 津波と台風

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 1 ♪(お時間のない方はここだけ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本語がそのままイタリア語になっている言葉がいくつかあります。

そのひとつが、tsunami(津波)です。このまま「ツナーミ」とイタリア語風(?)に発音すれば、通じます。

もうひとつは、発音は少し変わりますが、「台風」のtifone(ティフォーネ)です。

と書こうと思い、調べたところ…、

もともと、ギリシア語あるいはアラビア語を起源とした言葉で、typhonや、tuffonといい、それが世界へ伝わり、日本では「台風」となったようです。

津波(tsunami)は東洋、台風(tifone)は西洋から伝わった言葉なのですね。

ちなみに、流行りの数学パズルである「数独」は、そのままイタリア語でsudokuといい、ヨーロッパ各地でも流行っています。

https://it.giochi.yahoo.com/sudoku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

♪ STEP 2 ♪ (さらにステップアップされたい方は)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

津波と台風が出てきましたが、では「地震」はイタリア語でなんというでしょう。

terremoto (テッレモート)といいます。

terreは「大地」、motoはモーターと同じ種類のことばなので「大地が動く=地震」となるわけです。

Share on Facebook

コメントを残す