アコーディオンとコーディアル

アコーディオンとコーディアル511146_36787643

「語学のセンスもないのに、イタリア語なんて・・・」

イタリア語を学ぶときに、そう思う方もいらっしゃるでしょうが、心配ご無用です。

「センス」は、言い換えると「コツ」とか「ヒント」を早くつかめるかどうかです。はじめて目にするフレーズでも、ちょっとしたヒントがあるだけで別世界に感じるでしょう。

今回は、イタリア語の基本フレーズの一つが語源の知識で、丸暗記せずに学べることをご覧に入れましょう。

 

アコーディオンの cord

キーワードは2つ。楽器の「アコーディオン」( accordion )と、日興コーディアル証券の「コーディアル」( cordial )です。

どちらも目にした単語だと思いますが、cord(コード)という共通した言葉が隠れていますね。

もともと cord とは「核、中心、心」をあらわす語源なので、cordial は「中心、核からの⇒心からの、誠意ある」となります。

一方、accord は、ac-は「~へ」なので、「中心へ向かう、一致する」⇒「調和、一致、和音」から、accordion というの楽器の名前が生まれました。

そういえば「アコード accord 」というホンダの自動車もありますね。「調和」の自動車ということです。

 

基本フレーズ d’accordo

さて、こんな知識がイタリア語にどう生きるかというと、イタリア語の基本フレーズである、

D’accordo! (ダッコルド)「賛成だ、OKです。」

というフレーズにこの accord が登場しているではありませんか。「あなたに同調するよ」ということなのですね。

最後に発音を聴いてみましょう。すでに知っているフレーズでも違って聴こえてくると思います。

 

vocabolario(まとめ)

accordo (男性名詞)「合意、一致」
D’accordo! 「賛成!」
andare d’accordo con 人 「~と仲がいい、うまが合う」

このようにイタリア語は、語源の知識を活用するだけで、暗記に頼らず学べます。それは基本文法でもいえることです。

英語もできないのに…と思っていても心配ありません。ちょっとしたヒントが大きなきっかけとなるのです。

itacicaのメール講座は、31日間(15日間速習バージョンもありますのでご相談下さい。)こうした「ネタ」だけ、丸暗記不要でイタリア語の基礎が学べます。語学学校の約2回分のレッスン費用で受講できると考えてみてください(ご満足いただけない場合の返金保証もあります)。

http://itacica.com/studyitalian/mailtraining1/

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったら2ヶ所クリックいただけると嬉しいです!クリックすると、イタリア語に関する楽しいブログがたくさんあるページにリンクしています。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村