ジェントルマン

ジェントルマン

ジェントルマンのgentle

今回は、イタリア語のある形容詞について学びます。

「学ぶ」といっても、いつものように 日本人がすでに多くのイタリア語を潜在的には知っている、そのことを再確認していただけると思います。

テーマは「ジェントルマン」です。

礼儀正しい男性を 「あの人はジェントルマンだ、ジェントルだ」と言ったり、トイレの扉には Gentleman と書いてあったりするので、慣れている外来語ですね。

この外来語の英語のつづりは、
gentleman、gentleです。

「ジェントルマン」は日本語では「(男性の)紳士」と訳すことが多いのですが、もともとはラテン語の gens、gentis が「種族、生まれ、家族」であり、 gentilis で「同じ種族に属している、同じ生まれの」
となり、そこから 「優しい、礼儀正しい」の gentle になったのです。

ということで、イタリア語でも同じように

gentile 「親切な、優しい」

という形容詞があり、

Molto gentile.  「ご親切に」

など、とてもよく使う単語になっています。
そして、さらには原語のgentisがもととなっている単語には gente があります。

C’e’ molta gente a Tokyo.  「東京には人がたくさんいます。」
のように「人々、人」という意味で使われます。

gente や gentile という単語はすでに知っていても、「ジェントルマン」とつながっていたとは驚きですね!

 


コメントを残す