ジョークとジョーカー

ジョークとジョーカーitacica.comジョーカー

ジョークとジョーカーの共通点は?

外来語をヒントにイタリア語を学ぶきっかけ探しをしていると、 ときどきハッという発見があります。

誰も気づいていないのでは、すごい発見をしてしまった、という気分です(ちょっと大げさですが)。

今回のテーマ「ジョークとジョーカー」はその一つ。

まず、冗談の「ジョーク」とトランプの「ジョーカー」、この2つに共通することは何でしょう?

少し考えてみて下さい。

 

ジョーカーは、トランプでは制約のない「フリー、自由な」カードとして使われ、もとは宮廷の冗談を言って笑いをとる道化師の意味なのです。

とすると、「ジョーク」と「ジョーカー」は、何か「遊び」のある感じがすると思います。
その「遊び」の感覚があると、jokeとjokerから、あるイタリア語へのアクセスの道が開かれます。

 

giocare というイタリア語動詞

そのイタリア語とは、jokで始まるのですが、イタリア語のつづりにしてみるとわかりやすくなります。

イタリア語は、japan を giappone というように、 j はなく、gi になりますので

jok ⇒ gioc

 

つまり、「ジョーク」と「ジョーカー」は、イタリア語の giocare (ジョカーレ)と同語源だったのです。

意味は「遊ぶ、(スポーツなどを)プレーする」ですので、「ジョーカー」や「冗談、ジョーク」とも通じるものがありましたね。

では練習です。次のイタリア語はわかりますか?

Gioca a tennis.

 

 

わかりますね。「彼はテニスをするよ。」となります。

日本人の誰もが、giocareという動詞は、イタリア語特有だと思ってしまい、丸暗記しようとするのですが、こんなヒントがあれば、カンタンです。

これが「暗記いらず、挫折しらず」のラクラクイタリア語の学び方のひとつでした。

Share on Facebook

コメントを残す