アマチュアとプロ

アマチュアとプロ

アマチュアは素人?

日本語には「プロ」に対して、「アマ、アマチュア」という表現があります。

アマチュアは英語で綴ると、

amateur

ですが、「ヘタ、しろうと、二流」という意味で使われることが多く、プロ野球でエラーがあると「あのプレーはアマチュアだな~」なんて言ったりします。

ところが、アマチュアという言葉をよーく考えてみると、ちょっとニュアンスが変ってきます。

ここでイタリア語の出番です!

イタリア語でもっとも有名なフレーズのひとつに、英語の I love you. にあたる、

Ti amo. (ティ アーモ)

があります。これは Ti(君を)、amo(私は愛する)という意味で、amo は、amare (アマーレ=愛する)という動詞を活用させたものです。

今回のテーマの「アマチュア」の amateur は、この amare がもとになっているわけです。

ですから「愛好家」ということが、「アマチュア」の正しい意味だったわけですね。

ちなみにアマチュアをイタリア語では amatore (アマトーレ)といいます。

Sono un amatore di~.

といえば、「私は~の愛好家です。」となります。

 

まとめ

amatore (名詞)「愛好家」(女性の場合、amatrice)
Sono un amatore della pittura. 「私は絵画の愛好家です。」