三日坊主とコンスタント

三日坊主とコンスタント━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 1 ♪ (お時間のない方はここだけ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月もなかばを過ぎました。

NHKのラジオ・テレビでもイタリア語講座がスタートしたり、語学学校でも新しい講座を受講されている方も多いでしょう。

ただ、4月はじめの固い決意があっても、やはり継続には努力がいりますね。

日本語には「三日坊主」ということばがありますが、修行のお坊さんから生れたので、イタリア語では同じような表現はありません。

incostante(インコスタンテ)という形容詞が適当でしょう。「飽きっぽい」という意味です。

「イチローは、コンスタントに結果を出す」などと使う英語のconstant(コンスタント)が、イタリア語ではcostante(コスタンテ)となります。

constant ⇒ costante

incostanteは、これに否定を表す「in」がくっついたものです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 2 ♪ (さらにセンスアップされたい方は)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次に本日、登場した単語を整理しておきます。

—————————————
incostante 【気まぐれな、変わりやすい】
costante  【不変の、揺るぎない】
—————————————

< 例文 >

1. E’ un ragazzo intelligente ma incostante nello studio. [za]
2. Si impegna con costanza nello studio.[za]

< 訳例 >

1. 彼は、頭がいいけど、飽きっぽいな。
2. 彼は、勉学に継続的に打ち込んでいる。

—————————————-
出典 [za] ZANICHELLI Il Primo Zanichelli

━━━━━━━
♪ 編集後記 ♪
━━━━━━━

今回から、装丁を少し変えてみました。読みやすい、読みにくい、などご感想いただければ幸いです。

先日、カンボジアとベトナムをちょっと旅しました。いっしょに行った友人とは、「どちらがカンボジア語(クメール語)を多く使えるようになるか」という競争になりました。

2人で必死に、数やあいさつ、買い物の表現を覚えましたが、意外と短期間に覚えられるものです。

ことばが通じると、現地の人も、ぐっと好意的になってくれます。やっぱり語学というのは力になりますね。

チョムリアップリーア!(さようなら!)


コメントを残す