部屋のカメラ

部屋のカメラ


camera

写真の「カメラ」は、外来語としてかなり古くからあると思います。ほとんど日本語といってもいいでしょう。

今でも「デジカメ」という言葉にも「カメラ」という言葉が残っています。何年か前にも無料のメールマガジンでも取り上げましたが、今日は「カメラ」がテーマです。

旅行先で、よく使うイタリア語のフレーズとして、

Vorrei prenotare una camera…
(ヴォレーイ プレノターレ ウーナ カメラ)

「部屋( camera )を予約したいのですが…」というものがあります。たいていは、日本語のカメラとよく似てるなー、なんて思う程度なのですが、この「部屋」の camera (カーメラ)は、写真の「カメラ」と何か共通点でもあるのでしょうか?どうでしょう?

 

 

答えは「Yes」なのです。

もともとギリシア語の kamara (カマラ)が、「円天井」という意味で、そこから「部屋」になりました。 では「写真」がどうしてカメラになったというと…、

写真が発明される頃は、camera obscura や camera lucida 呼ばれる装置を使っており、暗い「部屋」(=暗室)や箱を利用していたことから「カメラ」と呼ばれるようになったようです。

ということで、イタリア語の camera も、私たちのおなじみのカメラももともと語源はいっしょだったのですね。

 


コメントを残す