モノクロとモノトーン

モノクロとモノトーンmonocromo

モノクロとモノトーン

今でもおじいさん、おばあさんの世代は、映画やテレビがすべて白黒であった時代を知っており、「昔のテレビはみんなモノクロだったんだよ」と、言います。

また、私が大学生だった頃(15年ほど前ですが)、女の子の学生の間で黒が大流行したことがありましたが、そういうときは「この冬は、モノトーンのファッションが人気」なんていう言い方をします。

 

そもそも、この「モノ」というのはなんでしょうか?

今回は「モノ」にスポットを当てて、イタリア語に迫ってみましょう。

 

モノのmono-とは?

この「モノ」の mono- とはモノクロやモノトーンから連想されるように、「単一の、一つの」をあらわすギリシア語が起源の接頭辞(せっとうじ)です。

ですから、

mono (一つの)+クロム(色)で「モノクロ」

mono (一つの)+トーン(色調)で「モノトーン」

となっているのですね。

イタリア語でももちろん mono- といえば、「一つの、単一の」であり、モノクロとモノトーンはイタリア語でそれぞれ、

monocromo (モノクローモ)

monotono (モノートノ)

となります。

モノポリ」という駒とサイコロで不動産を独占(=一人占め)するゲームもありますが、日本人であるわれわれも、モノトーンやモノクロを通じて mono- のニュアンスを知っているとはおもしろいですよね。

それでは、カンタンなイタリア語クイズです。

monocolore

これはどういう意味でしょうか?

 

 

すぐわかりますね。答えは「単色」です。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

 


One thought on “モノクロとモノトーン

  1. Pensionato says:

    monocromo ,monotonoのお話面白かったです。そういえば、イタリアの国旗はtricoloreでしたね。世界の国旗のなかでは、tricoloreというのはケッコウ多いですね。

コメントを残す