チョッキの「ベスト」

チョッキの「ベスト」itacica.com


チョッキの「ベスト」から学べるイタリア語は

春になってチョッキやベスト姿をよく目にするようになりました。 と街行く人を見て思ったのですが、「チョッキ」と「ベスト」の違いは、なんでしょう。
特に違いはなさそうですが、ベストの方がなんとなく格好良いように感じます。

それはさておき、今回のネタはこの「ベスト」です。まさか、と思って調べたら、そのまさかでしたのでご紹介しましょう。

「ベスト」は、15~17世紀にイギリスやフランスの男性着として
着られていたものが由来とのこと。

言葉は、イギリス英語で vest 、フランス語で veste なのです。

ということは、イタリア語のあの単語に似ているような…、

 

veste, vestireという基本単語に!

そうです! veste(衣服)や vestire(着る)というイタリア語の動詞と関わりがあったのです。

元々古代のラテン語に vestis (衣服)があり、イタリア語でも veste や vestire などとして日常語として使われています。

この着るものとしての veste が今のフランス語やイギリスの英語となっていったのです。

衣服はドレスやセーターなどいろいろありますが、このチョッキの「ヴェスト」にその名残があったのですね。
vocabolario

veste 「名詞」「衣服」

vestire 「動詞」「着る」

 

Share on Facebook

コメントを残す