デカダンスとカデンツァ

デカダンスとカデンツァ

デカダンスは「退廃」

今ではあまり使われることがないのですが、「退廃、堕落」という意味で「デカダンス」という言葉があります。

19世紀末の文学などのフランス芸術家の一派を「デカダンス」といったりします。

これは、踊りのダンスの一種だと思っている人もいますが(笑)そうではなくて、フランス語の decadence から来ています。イタリア語では decadenza (デカデンツァ)といいます。

何かが衰退する「転がり落ちて行く」イメージをしておきましょう。

 

カデンツァは音楽用語

一方、「カデンツァ」というのは、音楽用語で、バイオリンやチェロ、ピアノなどの協奏曲の中で、ソリストがひとりで即興のような独奏部を弾くところを指します。

オーケストラが演奏するのを止めて、一人舞台となるところです。

もともとはひとまとまりの音楽の「終わり、終止」の和音が進行するところを指しました。

cadenza とつづり、これはイタリア語です。

この decadenza と cadenza は、実は、どちらも共通した cadere というイタリア語動詞が基本になっています。

cadere とは「落ちる、転ぶ、終わる」という意味で、

「落ちる」ことから「デカダンス」の「退廃」
「終わる」ことから「カデンツァ」の「終止」

となったわけです。

ということで、iイタリア語動詞 cadere は、デカダンスやカデンツァとつながりがあったのですね。

例えば、

Sono caduto mentre scendevo le scale. 

「階段を上がっているときに転んじゃったよ。」

( cadere の過去分詞が caduto です)

となるわけです。

 


3 thoughts on “デカダンスとカデンツァ

  1. kunio nagasawa says:

    毎回、「なるほど、ヘエー」と、愉しく拝見しております。イタリアへ息子(現40才)と10年前に父子旅行をしたことがきっかけで、その後息子は妻子を私達に委ねて単独フィレンツエへ渡り(語学研修を当面の目的に)イタリア料理(フィレンツエ・トスカーナ料理ですが)も身につけて(イタリア料理協会の会員の認定証も貰い)、現在甲府でイタリア料理「トラットリア・ボーボリ」という店名で夫婦で頑張っております。
    私はそろそろ古稀を迎えますが、息子同様「イタリア」大好き人間です。
    息子はイタリア会話が出来ますが私は「トンとダメ親父」なのです。
    「イタチカ」フアンで知り合ってから全てをPCに保存しております。
    これからも、愉しい「イタチカ」を心待ちしております。

        山梨県笛吹市「手打ち蕎麦処・右楽」 長澤 邦夫

  2. cadere からの派生 面白かった。
    一つだけ疑問があるのですが
    decadenza の 「de」の役割は何か?、という事です。

    「de-」を辞書で引くと、[接頭] ラテン語語源の「分離」「低下」「否定」「除去」の意。
    とあります。
    従って、decadenza は落ないで、上昇する、繁栄する、という意味になると思うのですが、実際には「衰退」を意味する。 
    これが分かりませ。

  3. itacica.com says:

    cadereは、外来語とは縁がなさそうに見えるのですが、そうでもありませんね。

    dacadenzaの「de」ですが、この場合「下へ」の接頭辞で、英語で言うところのdownの意味です。

    例えば、

    decline「低下する、衰える」、declinare(イタリア語)
    degrade「降格する」←「グレードが下へ」、degradare(イタリア語)

    といった英語もあります。

    decadenzaも、de(下へ)+cadere(転ぶ)という成り立ちです。

コメントを残す