「アンコール!」

「アンコール!」音楽のコンサートなど演奏が終わったあと、観衆が「アンコール!」というときがありますね。

このアンコールは、そのままフランス語( encore )やイタリア語( ancora )の日常的な単語になっています。

イタリア語の ancora は「アンコーラ」という発音で「もう一度、さらに、まだ」といった意味になります。

Non e’ ancora pronto. (ノンネ アンコーラ プロント)で「まだ準備できてないよ。」となります。

ところがこの ancora というイタリア語は、冒頭で述べたようなコンサートの場での「アンコール!」としては使わないのです。

まったく別の言い方をします。それは次のうちどれでしょう?

1.Ancora una volta! 2.Bis! 3.Bravo!

 

・・・答えは2番の「 Bis! (ビス!)」です。

なぜこの Bis が、日本語でいうところのアンコールなのか?

その謎解きはなんと「自転車」や「ビスケット」という単語が手がかりになってくれます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ひとりごと】

私は「語源」(etimologia)を主なテーマにして、このイタリア語のメールマガジンを書き続けています。「語源」というとちょっと難しそうに聞こえるのですが、難しいどころか、とても楽しい「なぞなぞ」みたいなものです。

語学の勉強というのは継続が大変ですし、とかくスランプにも陥りがちですよね。

クイズを通して、へえーっと感じてもらったり、イタリア語の学習の息抜きや励みにしてもらえればいいな、と思って執筆しています。

今回のアンコールと bis のテーマもとても面白いので、多くの方に是非読んでいただきたいです。

「こんなことにつながっていたのか~!」となること請け合いです。

 

 


コメントを残す