耳をそばだてる「スカウト」

耳をそばだてる「スカウト」replica

「スカウト」は耳をそばだてて調査しています・・・

外来語が一瞬にしてイタリア語になる!という楽しさで、 いろんなネタを集めてきました。 そんな中でもときどき「特ダネ」があります。それが今回のテーマ「スカウト」です。

「スカウト」と聞いて、まず思い浮かべるのは野球で、 有望な高校生や大学生を「スカウトする」ことではないでしょうか? 去年は「ハンカチ王子」の斎藤選手をはじめ、 プロ野球のスカウトの争奪戦になりましたね。

この scout が意外や意外、イタリア語のある 重要単語と関係があることがわかりました。

ここで突然ですが、クイズです。

スカウトは scout と英語でつづるのですが、 この scout の「 u 」を「 l 」にしてみて下さい。

scolt となりましたね。つまり「スコルト」です。 これがあるイタリア語の基本単語に似ています。 おわかりになるでしょうか?

答えはなんと 、

ascolto  (アスコルト=聴く・聞くこと)

なのです。 動詞では  ascoltare  (アスコルターレ)です。

例文としては、

Ascolo la radio.  (アスコルト ラ ラーディオ)で、

「私はラジオを聴いています。」となります。 とてもカンタンですよね。

ascolto という単語を丸暗記でなく、 「スカウト」から学べるとは驚きです。ところで、なぜ「スカウト」と ascolto の2つが関係のある単語なのでしょうか?

その秘密は「耳をそばだてながら調査」しているスカウトたちの行動を考えるとわかってきます!

 

 


コメントを残す