デマ

デマ

「それはデマでしょ?」

「消費税が値上げされるらしいよ。」
「え、本当? それはデマじゃないの?」

という表現は日本人なら自然と使っているでしょう。

ところがこの「デマ」というのは、日本語のようでありながら、外来語であり、しかもとても古い歴史のある言葉なのです。

 

なんと起源は古代ギリシア語の「デマゴゴス」なのです。

古代ラテン語にも demagogus という単語があり、「民衆扇動家」という意味で使われています。

つまりこの「デマ」は、もともと政治のことばで、根拠のない噂などを流して、民衆を都合のよいように扇動することでした。

この dema- は「民衆」の意味があるので、たとえば democracy 「民主主義」とも関わりがあります。

 

イタリア語の「デマ」は?

ギリシア語にはじまり、ラテン語、そしてドイツ語の demagogie となって、日本に輸入され、「デマ」として使われるようになったようですね。

当然、イタリア語でも demagogo (デマゴーゴ)などの単語として使われています。

ちなみに日本語の「でまかせ」はこの「デマ」とは関係がなく、「口から出るに任せる」ことだそうですよ。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村


コメントを残す