Marinaさんインタビュー

Marinaさんインタビュー

Marina Zicchettiさんにインタビュー

日本に10年以上、在住して、イタリア語を教え続けている、マリーナ・ズィケッティさん。なぜ、10年以上も前に、日本に? どんな学習法がお勧め? そんな本音の質問を、インタビューでは、聞いてみました。

-Sei venuta in Giappone per diventare insegnante di italiano?

No. Pensavo che sarebbe stato bello poterlo fare, ma non sapevo proprio se sarebbe stato possibile. Comunque mi interessava molto il Giappone, ho sempre pensato che un giorno ci sarei venuta. Non sapevo se avrei potuto fare l’insegnante ma innanzitutto sentivo di dover venire qui.

-もともと、イタリア語講師になろうと思って、日本に来た?

いいえ。なれたらいいな、とは思っていたけど、なれるかどうか確実にはわかっていなかったわ。
それより、日本にとても興味があって、「一生のうち、必ず日本に行こう」そう思っていたので、講師になれるかどうかわからなかったまま、まずは日本に来てしまったのよ(笑)。

-Come e`nato il tuo interesse per il Giappone?

Da un cartone animato che si chiama “L’invincibile Ninjia Kamui”. Quando frequentavo le elementari in Italia trasmettevano diversi cartoni animati giapponesi, non solo Ninja Kamui , anche Heidi, le opere di Hayao Miyazaki e di Go Nagai, poi Lady Oscar, i Cavalieri dello Zodiaco, ecc… Molti dei cartoni animati giapponesi parlavano di famiglia, della ricerca della mamma per esempio come in “Dolce Remi`” , al quale anche mia madre si era appassionata e che spesso guardavamo insieme. Era curioso come un paese asiatico potesse e volesse fare proprie in un’opera d’animazione la cultura e l’ambientazione europea. Comunque appena ho saputo di quale paese si trattasse, ho preso il mappamondo regalo della mia bisnonna, e visto il Giappone dall’altra parte del mondo, ho giurato che un giorno ci sarei andata.

-日本に興味を持ったきっかけは?

カムイ伝。(注:漫画家、白土三平の代表作。) 私が、小学校から中学校のころ、日本のアニメがイタリアのTVでやっていたんだけど、本当に面白かったわ。もちろん、カムイ伝だけではなくて、アルプスの少女ハイジといった、宮崎駿のアニメや、セイント・セイヤとか、ベルバラとか。
特に、日本のアニメは家族の話も多いでしょ?お母さんを探したりする話などは、母親も一緒になって、ハラハラしながら見ていたわ。
とても不思議だったのは、アジアの国なのに、ヨーロッパの文化や風景を反映したアニメになっていたこと。
なぜアジアの国なのにそれができるの? ということがとても不思議だったわ。こういうアニメが日本という国で作られた、という話を聞いたとき、祖母からもらった地球儀を引っ張り出して、日本がどこにあるかを探して、こんなにすばらしいものを作り出す国に、将来必ず行ってみよう、と思っていたのよ。

-Quando sei venuta e hai cominciato ad insegnare l’italiano, sei andata per tentativi?

Si`, quando ho cominciato ad insegnare l’italiano, a scuola non c’era nessuno preposto al tirocinio, all’inizio e`stata dura.
Comunque osservando il metodo di insegnamento dei miei professori di giapponese che insegnavano esclusivamente in lingua giapponese, confrontandomi negli anni con colleghi esperti, con amici e studenti, sono arrivata al metodo diretto.

-日本でイタリア語を教え始めたとき、教え方をとても試行錯誤したとか?

そう。日本でイタリア語を教え始めたとき、当時は、誰も教え方を教えてくれる人がいなかった。だから最初はとても大変だったわ。
でも自分が日本語を学んでいるとき、そして教えていく中で、それからベテランの人や、同僚、仲間とも話を重ねていって、最終的には、“ダイレクト・メソッド”がいい、という結論にいたったのよ。
ダイレクト・メソッドというのは、イタリア語だけの環境に身をおいて、イタリア語だけで学び実践する方法。もちろん、色々なアプローチがあるので道は一つではないけど、実際の場面で会話できるようになるためには、結局、実際の場面に近いこの方法が一番効果があると考えているわ。

-Quali consigli dai a chi vuole studiare l’italiano?

Nello studio dell’italiano e`inevitabile la componente stress del “non capisco”. Per quanto uno studente abbia raggiunto un livello avanzato, ci sara` sempre qualcosa che gli sfugge, capita anche tra parlanti della stessa lingua. Vorrei quindi dire a chi si avvicina all’italiano per la prima volta che questo disagio e`inevitabile: e`necessario abituarcisi affinche`non diventi fonte di ulteriore stress. Desidero che lo studente si eserciti a fare ipotesi, parlare e comprendere all’interno di questo stress.

-イタリア語を学ぶ人へのアドバイスは?

イタリア語を学ぶ上で、「わからない!」「聞き取れない!」という“ストレス”は避けて通れないテーマ。というのも、どんなに上級になったとしても「わからない!」「聞き取れない!」というストレスは出てくるものよね。だから初心者の人に伝えたいことは「わからない!」というストレスは、当たり前だし当然のこととして、ストレスを感じること自体にストレスを感じないでほしいのよ。
むしろ、ストレスに慣れる、という意識がとても大切。ストレスがある中で、どうやって、推測したり、話すか、聞き取るか、という練習をしてほしいわね。

-Quali sono i progetti per il futuro?

Abitare lontano dalla citta` a contatto con la natura. Sono piuttosto preoccupata per come si sta modificando l’ambiente in cui viviamo. Un posto del Giappone che amo molto e`Okinawa e vedo che sta cambiando in peggio ogni volta che ci vado. Forse in futuro convivere con la natura diventera`una priorita`.

-将来はどんな生活をしていきたい?

田舎暮らし、自然のある暮らし、たとえば、土いじりとか、そういった生活をしたいと思っているわ。今、地球の環境問題は、とても深刻だと感じているし、私が大好きな沖縄方面も、自然の破壊がどんどん進んでいるし…。将来的にも、自然に近い生活をすることが、とても大切になってくるのではないかしら?

-Grazie!
-ありがとうございました!

Marina ZICCHETTIMarina ZICCHETTI(マリーナ ズィッケッティ)さん

トリノ大学で心理学を専攻後、来日。長沼日本語学校にて日本語を習得し、その他ラテン語、英語にも通ずる。1998年よりイタリア語を指導し、小学館の社員向けサークルや、イタリア文化会館、ベリタリア、日伊協会にて講師をつとめる。NHKのラジオ講座の講師や、その他イタリア語関連の学習書の音声担当も多数。これまでおよそ6~7000時間(約10年)を講師として日本で教えた経験を持つ。

マリーナ先生の監修教材<Corso d’ascolto>シリーズは、「学ぶ・知る⇒使える・話せる」という語学学習の永遠のテーマに真っ向から取り組んだ力作の初級者向けヒアリング教材です。「わからない」というストレスを感じながら学ぶ2部構成です。

⇒ 1.Corso d’ascolto unita’ uno (自己紹介)

⇒ 2.Corso d’ascolto unita’ due (はじめの会話)