Violettaさんインタビュー

Violettaさんインタビューヴィオレッタさんにインタビュー

NHKでイタリア語講座や、料理の番組にも携わったヴィオレッタさん。結婚を機に、来日。日本での子育てを経て、イタリア語の教師や料理の先生などをしながら、日本に20年以上、在住してきました。

ロシア語、英語、フランス語、日本語まで堪能な、ヴィオレッタさんに、語学を学ぶコツや、日本での長い生活を通じて感じたことは、どんなことだったのか、インタビューしました!

-Sei venuta in Giappone con il proposito di diventare insegnante?
Devo dire che sono venuta in Giappone un po’ per caso, quando studiavo in Russia ho conosciuto mio marito e immaginavo che insegnare sarebbe stato il lavoro piu` probabile.

-日本には先生になろう、と思って来たのですか?
日本には、ちょっとした偶然で来たのよ。ロシアで勉強をしていたときに日本人である夫と出会って、日本に来ることになったわ。そのとき日本であれば、先生が合っていそうな職業じゃないかしら、とは考えていたわね。

-Come e` nato il tuo interesse per il Giappone?
Il mio interesse e` nato dopo. Dopo parecchio tempo ho cominciato a rendermi conto che ci sono diversi aspetti del Giappone che mi si confanno, distanza tra le persone, anonimato. Ma anche il fatto che qui non sono “la moglie di”, ho un mio nome e una mia carriera.

-日本に興味を持ったきっかけは?
興味はあとになってからよ。子育てを経て、あとになってから。日本にはイタリアとはいろんな違った面があって、それが私に合っているわ、とようやく感じることができたわ。
例えば、人との間にある距離感であったり、プライバシーが守れるところとか…。それに日本では教師やさまざまな仕事をしているので、「~の妻」ではなく、私の名前やキャリアを持てるということも、私にとって良かった点ね。

-Hai cominciato a insegnare con un metodo preciso o sei andata per tentativi? 
Sono andata per tentativi, chiedendo agli altri colleghi. Secondo me, gli studenti giapponesi hanno bisogno di sicurezza, l’insegnente deve sentirsi sicuro di quello che fa, cosi` gli studenti si rilassano ed e` piu` facile che apprendano. Uso il giapponese qualche volta per spiegare la grammatica o dei significati al volo, per me e` importante dare attenzione individuale anche durante lezioni di gruppo, dove posso cerco di seguire gli studenti uno ad uno, spesso utilizzando attivita` di scrittura.

-イタリア語を教えはじめたのは、ある決まったメソッドに沿って? それともいろいろ試しながら教えていった?
同僚に聞いたりして、試行錯誤しながら、だったわ。
私からすると日本人の生徒は安心感が必要なのね。だから先生はやっていることが正しいと感じてもらうようにしないと。そうすれば、生徒はリラックスして、学びやすくなるのよ。日本語は、文法や意味をすぐ説明しなくてはならないときにときどき使うわね。
大切なことは、グループレッスンであっても、一人ひとりに注意を向けること。ライティングのワークをよく使ったりするのだけど、それなら生徒を一人ずつ指導できるわ。

-Quali consigli da a chi vuole studiare l’italiano?
Leggere e ascoltare tantissimo, perche` questa e` la mia esperienza nell’apprendimento di una lingua straniera, ho studiato il russo, l’inglese il francese e il giapponese.

-イタリア語を勉強したい、という人へのアドバイスは?
たくさん書いて、たくさん聴くことね。私は、ロシア語、英語、フランス語、そして日本語を学んだのだけれど、このことはたくさんの外国語を学んだ経験からのアドバイスとして言えることよ。

-Quali sono i tuoi progetti per il futuro?
Scrivere un libro di cucina, vorrei dedicarmi di piu` all’insegnamento della cucina italiana, trovare una strada per poter dire le cose che mi piacciono sul cibo, il significato, la tradizione, la cultura culinaria, i legami con la Toscana e con la mia storia familiare. Venire qui mi ha portato a riscoprire le mie radici, la nostalgia mi ha spinto a rivalutare delle cose che davo per scontate.

-将来の計画は?
料理の本を書くこと。イタリア料理を教えること、このことにもっと専念したいわね。
食べるもの、食べるものひとつひとつが意味すること、伝統的なことやイタリア料理の作り方の文化、トスカーナ地方や私の家族の歴史とのつながり、といったことで、私の好きなことを発信できる方法を見つけたいの。
ここ日本に来た、ということは、私のルーツを再発見することになったし、故郷であるイタリアへの想いを感じ、イタリアにいたときは見過ごしてきたことをあらためて見直す機会にもなったの。

-Grazie!
-ありがとうございました!

Violetta MastragostinoVioletta Mastragostino(ヴィオレッタ マストラゴスティーノ)さん

イタリア語、トスカーナ地方の伝統料理の講師。イタリア語以外にも、ロシア語、英語、フランス語、そして日本語に堪能。20年以上、日本に滞在し、NHKのラジオとテレビ番組や、ナレーターとしても活躍中。