中世のはじまり(5~10世紀頃)

中世のはじまり(5~10世紀頃)itacica.com西ローマ帝国の滅亡後

476年の西ローマ帝国の滅亡後、イタリアには北部からランゴバルト族( longobardo )が侵入して勢力を強めました。

また、ローマカトリック教会も台頭して、ローマ教皇が権力をもち、イタリアは王国や公国なども乱立するようになります。政治的には何ら統一されていないばらばらの時代がはじまります。

ただ、そんな乱立の時代も、ローマカトリック教会だけは安定した権力を誇りました。

 

神聖ローマ帝国の誕生

800年には、フランク族のカール大帝がローマで戴冠し、神聖ローマ帝国( Sacro Romano Impero )が誕生します。

しかしこの「ローマ」はローマ帝国の継承者という意味だけで、実質イタリアは教皇や都市国家による政治が各地で行われました。神聖ローマ帝国の中心は、ドイツ・オーストリアであり、イタリアを自分の領土だと主張する教皇とも対立しました。

 

Share on Facebook