14.リソルジメント(イタリア統一)Ⅱ

14.リソルジメント(イタリア統一)Ⅱイタリアの統一運動は、北部イタリアはサルデーニャ王国を中心に展開されます。1859~61年にかけては、オーストリアとの激しい戦争に勝利し、ヴェネト地方を除いた北イタリアを統一しました。

一方、南部イタリアは、リソルジメントの英雄である軍人ガリバルディ( Giuseppe Garibardi )が大きく貢献します。1860年、シチリアでの反乱を機に、千人隊を組織してスペインのブルボン家の支配していた両シチリア王国を滅ぼしました。そして、征服地である南イタリアをサルデーニャ王国のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上しました。

これによって、1861年、サルデーニャ王国によるイタリア統一(リソルジメント)が達成されました。イタリアの国王には、サルデーニャ国王であったヴィットーリオ・エマヌエーレ2世( Vittorio Emanuele Ⅱ )が即位しました。2011年はこのイタリア建国150周年を迎えました。

ガリバルディは文字通り英雄で、イタリアの各地の通りには彼の名前がつけられ、多くのモニュメントがあります。彼の軍隊は、約1000人の義勇兵を集めたことから千人隊( La Spedizione dei Mille )、または、兵士に赤いシャツを着せたことから「赤シャツ隊」( Camicie rosse )とも呼ばれます。これほどの功績のあった人物ですが、政治家にもならず、受勲も拒んだといわれています。

ガリバルディのイタリア語の授業です!(Studente.itという学生サイトより)