7.チマローザ

7.チマローザitacica.comこれまでバロック時代のイタリアの作曲家を中心に取り上げましたが、近代へと移って行きましょう。イタリアのオペラは19世紀よりロッシーニやヴェルディなどの天才的作曲家の登場によって全盛期を迎えるのですが、それまでに大きな成功を収めていたのがドメニコ・チマローザ( Domenico Cimarosa 1749~1801年)でした。

今でこそ、その存在は忘れられていますが、当時の文豪ゲーテやスタンダールにも称賛され、モーツァルトにも影響を与えたといわれる作曲家でした。彼の傑作として今日にも残るのは「秘密の結婚( Il Matrimonio Segreto )」です。

チマローザはナポリを中心に活躍しました。そのナポリは、フランスのナポレオン軍に占領されたときに共和制になりました。チマローザは「共和国賛歌」を作曲したのですが、すぐにナポリ王国が復活。チマローザは「裏切り者」として投獄されたということです。

チマローザの傑作「秘密の結婚」序曲をお聴き下さい!
 

Share on Facebook