4.コレッリ

4.コレッリitacica.com弦楽器の製作者としてストラディヴァリウスを取り上げました。17~18世紀のイタリアでは、弦楽器の普及とともに、ヴィヴァルディをはじめ弦楽器を中心とした作曲家が登場しました。そのはじめの一人がアルカンジェロ・コレッリ( Arcangelo Corelli 1653年-1713年)です。

彼は、ヴァイオリニストとしてローマを中心として活躍し、『ラ・フォリア』として有名なヴァイオリン・ソナタや、『クリスマス協奏曲』として知られる合奏協奏曲集を作曲しました。彼の作品は、バッハやヴィヴァルディにも影響を与えたといわれています。

コレッリの『クリスマス協奏曲』をお聴き下さい!

Share on Facebook