9.ドニゼッティ

9.ドニゼッティitacica.com19世紀前半にイタリア・オペラの全盛期を迎えたロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティといった作曲家をご紹介します。ガエターノ・ドニゼッティ( Gaetano Donizetti 1797-1848年)は、ベルガモ( Bergamo )で生まれました。

貧乏な家の出身でしたが、ベルガモの慈善音楽院のヨハン・ジーモン・マイヤーに才能を認められ、苦労の中で非常に多くの作品を書きました。彼は短期間で書き上げることで有名で、オペラでも数日で完成させたといわれています。

オペラの数だけでも70ほどもありますが、その数のわりに、彼の代表的なオペラである『ランメルモールのルチア』( Lucia di Lammermoor )と『愛の妙薬』( L’elisir d’amore )を除いては、あまり演奏されることがないので、まだまだ過小評価された作曲家といえましょう。

『ランメルモールのルチア』は、恋人の悲劇を描いた作品で正気を失ったヒロインが歌う「狂乱の場」で有名です。ですが、ここでは私が個人的に非常に美しいと思う楽器ハープが歌う場面をご紹介しましょう。

Share on Facebook