6.タルティーニ

6.タルティーニジュゼッペ・タルティーニ( Giuseppe Tartini 1692-1770年)は、パドヴァ( Padova )で活躍したヴァイオリニスト・作曲家です。作品のほとんどはヴァイオリンの協奏曲かソナタです。パドヴァの大学では、法律を勉強し、フェンシングの名手でもあったようです。

ヴァイオリンの演奏技術を彼によって向上させた功績があります。作曲家としては『悪魔のトリル( Trillo del Diavolo )』が非常に有名で、今でも多くの演奏家によって弾かれています。

「悪魔( diavolo )」という名前がついているのは「夢で悪魔が弾くヴァイオリンを聴き、それを書き留めた」とタルティーニが語ったとされているからです。

トリエステにタルティーニ音楽院( Conservatorio di Tartini )があります。

では「悪魔のトリル」(1楽章)をどうぞ!

演奏はイタリア人のFranco Gulliの名演です。