13.ヴェルディ

13.ヴェルディパルマの郊外で生まれたジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(  Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813-1901年)は、イタリアの国民的ともいえる代表的作曲家です。

ヴェルディの活躍した19世紀後半は、ちょうどイタリアの統一運動と時期が重なることから、イタリア人の民族意識を高めたともいわれています。ユーロの前のイタリアの通貨は「リラ」で、1000リラのお札にはヴェルディの肖像が描かれたこともあります。

オペラを中心に作曲をし、代表作の『ナブッコ』( Nabucco )、『リゴレット』( Rigoletto )、『椿姫』( La traviata )、『アイーダ』( Aida )などがあり、世界各地で今も上演されています。

「ナブッコ」よりイタリアの「第二の国家」ともいわれる美しいアリア「行け、我が思いよ、黄金の翼に乗って」( Va’, pensiero, sull’ali dorate. )をご紹介します!