2.ヴィヴァルディ

2.ヴィヴァルディitacica.comアントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ( Antonio Lucio Vivaldi, 1678年-1741年)はヴェネツィア( Venezia )出身の作曲家です。ヴィヴァルディの「四季」といえば、どなたでも一度は耳にしたメロディーでしょう。バロックの作曲家として傑出した存在です。ヴィヴァルディは、カトリックの司祭( sacerdote )として、ピエタ慈善院付属音楽院 ( Ospedale della Pietà ) でヴァイオリンを教えました。

ヴァイオリン曲を中心に500以上の協奏曲を作曲したといわれています。日本でも特に有名な「四季」(  Le Quattro Stagioni )は、『和声と創意の試み』( Il cimento dell’armonia e dell’invenzione )という作品名で、その他には『調和の霊感』( L’estro armonico )が知られています。

バッハにも影響を与えたといわれるほどのヴィヴァルディですが、晩年は人気も落ち、死後はその存在はほとんど忘れられていたそうです。20世紀になってから再評価されていきました。ちなみに私のあるイタリア人の友人はヴィヴァルディを知らず、「誰?」と奥さんに尋ねていました。イタリアでは日本のような音楽史の勉強が必須ではないからのようです。日本人の方が、イタリアに詳しいということも往々にしてあることのようですね。

ヴィヴァルディの代表作『調和の霊感』の一部をどうぞ!

 

Share on Facebook