イタリア語検定とは?

イタリア語検定とは?日本には、英検と同じように実用イタリア語検定試験という検定試験があり、級のレベルを以下のように定めています。

(itacica.comでは、主に5級、4級レベルのイタリア語学習を対象にしています。)

5級―初歩的なイタリア語を理解することができる。初歩的な挨拶・紹介・質問への返答などができる能力が要求される。

4級―平易なイタリア語を聴き・話し・読み・書くことができる。自己紹介・簡単な道案内・買い物・バールでの簡単な注文などの平易なコミュニケーションができる能力が要求される。

3級―日常生活に必要な基本的なイタリア語を理解し、表現することができる。大学2年修了程度。日常的な範囲の紹介・伝言・簡単な電話・手紙などの基本的な表現ができる能力が要求される。

2級―日常生活や業務上必要なイタリア語を理解し、一般的なイタリア語を読み・書き・聴き・話すことができる。4年制大学のイタリア語専門課程卒業程度の学力を備え、一般的な説明・報告・通訳がある程度できる能力が要求される。

1級―広く社会生活に必要なイタリア語を十分に理解し、かつ自分の意思を的確に表現できる。4年制大学のイタリア語専門課程卒業程度以上の学力を備え、新聞・雑誌などを読み、ニュース放送や映画などを聴き、要約できるイタリア語の能力と知識が要求される。

実用イタリア語検定試験 のサイトはこちら級はこのほかに、3級と2級に「準2級」があり、2級と1級は2次試験(面接)があります。このイタリア語検定試験は春(3月)と秋(10月)の年2回、開催されています。