第7日目 イタリア語の名詞(1)

第7日目 イタリア語の名詞(1)gelato

再びgelatoに登場してもらいます。

イタリア語の名詞(1)
【 オトコの響 】

これから5日間は、イタリア語の「名詞」を学んでいきます。

まずは、ちょっとしたクイズをやってみましょう。

次にイタリア人によくある名前を6つあげるので、それを男性と女性の2つに分けてみてください。

Roberto ロベルト、 Maria マリア、 Stefano ステファノ、

Rosanna ロザンナ、 Paolo パオロ、 Marina マリーナ

すぐお分かりになったと思います。

 

では、男のRoberto、Stefano、Paolo、女のMaria、Rosanna、Marina、それぞれに共通することは何でしょうか?

このことに気づくと、イタリア語の名詞を理解するだいじなカギがつかめるのです。

 

わかりましたね。男はすべて o で、女はすべて a で終わっています。

これは人に限ったことではなく、物でも o で終わればほとんどが男性形、aで終わればほとんど女性形なのです。

物にも男女があるなんて不思議ですね。

さて写真の gelato はどうでしょう?

これは o で終わっていますから、男性名詞なのです。

そして「単数」、つまり1個の場合だということを理解していただければ、今日のレッスンは完璧です。そのため写真は gelato 「1個」だけ選びました。

では、「男性名詞の単数」であることを意識して発音してみましょう。

gelato

(再生できない方はこちら)

イタリア語の語尾の「オ」の響きは、先ほどの人名のように男性的です。

イタリア語のモノの名前、つまり名詞には、男性名詞と女性名詞の2種類があります。 o で終わると、ほとんどが男性名詞の単数です。「ほとんど」というのは例外もあるということですが、ほとんどすべてと思っていただいていいでしょう。「単数」ということは、複数もあるわけです。それはまた明日!

語尾の o が Roberto のように男性名詞(単数)であることを強く、強く、意識して、音声を聴いて発音してみましょう。

libro, concerto, espresso, parco

(再生できない方はこちら)

  • libro は、英語の library(図書館)と同じ語源で、「本」です。こういう名前の本屋さんもあります。
  • concerto は「コンサート」です。ce の読み方はもう大丈夫ですね。
  • espresso は、ご存知のコーヒーの「エスプレッソ」ですね。
  • parco は、英語の「park(公園)」のことです。パルコというデパートもあります。


コメントを残す