第8日目 イタリア語の名詞(2)

第8日目 イタリア語の名詞(2)gelato

こちらのspaghettiは何本ですか? 一本ではありませんね。

イタリア語の名詞(2)
【 spaghettiは複数 】

昨日は名詞がoで終わると、男性名詞の単数だと学びました。
それでは複数の場合はどうなるのでしょう?

これは、実はみなさまよくご存知なのです。
それが写真のspaghettiです。
スパゲッティというのは一本一本を指すことはまずありませんね。
複数だからspaghettiとなるのです。

すなわち、iで終わると、男性名詞の「複数」であることがわかります。

では、spaghettiが複数なら、単数はどうなりますか?
昨日のことを思い出して下さい。

そうです、spaghettoになるのです。

では昨日のgelatoは、2個以上の複数で、gelatiになるわけです。

では、「男性名詞の複数」であることを意識して発音してみましょう。

spaghetti

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

イタリア語の語尾の「イ」の「男性名詞複数」の響きを意識して下さい。

イタリア語の名詞には、男性名詞と女性名詞の2種類があります。oで終わると男性名詞の単数で、iで終わると男性名詞の複数です。

昨日でてきたgelato、libro(本)が、複数になるとどう変わるかに注意して、音声を聴いて発音してみましょう。

 

 


コメントを残す