第12日目 イタリア語の数と冠詞(1)

第12日目 イタリア語の数と冠詞(1)

uno

人気のカードゲームが登場です。

イタリア語の数と冠詞(1)
【 カードゲームUNO 】

これまでの11日間は、読み方と名詞を学びました。ここまでは順調でしたか?
この先も、難しくはなりません。
これまでに学んできたことを結びつけて、イタリア語らしいカタチをつくっていきましょう。
12日目から、16日目までは、数と冠詞を見ていきます。

私は、ときどき甥っ子とカードゲームの「UNO(ウーノ)」を楽しみます。

このゲームでは、配られたカードをルールに従って減らし、残り1枚になったら、「ウーノ!」と叫びます。全部、カードがなくなったら勝ちです。

では、なぜ「ウーノ」なのでしょうか?

これは、このゲームのルールと、イタリア語の数字にワケがあります。

イタリア語では「1」のことを「uno」というからです。「ウーノ!」と叫んでいたのが、イタリア語だったのですね。

それでは、ご存知の「uno」が数の1であることを意識して発音してみましょう。

uno

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

イタリア語の「ウ」は、日本語の「う」より口をすぼめます。

 

イタリア語の「1」は uno です。ただし、これまでに習った名詞の数(個数)を言うときは、カタチが少し変化します。
男性名詞の場合は un gelato, un libro のように un となり、女性名詞の場合は、una pizza, una penna のように una となります。

  • ある名詞によっては、un’ や uno といったカタチになりますが、まずは上の2つ un、una を知っておきましょう。