第14日目 イタリア語の数と冠詞(3)

第14日目 イタリア語の数と冠詞(3)

gelato

トリオで演奏中。左が私です…。

イタリア語の数と冠詞(3)
【 デュオ・トリオ・カルテット 】

おととい、unoが登場したので、数は少し知りたくなりますね。

2、3、4はなんというのでしょうか?

音楽のグループの2人組みをデュオ duo、3人組をトリオ trio、
4人組をカルテット quartet といいますが、
イタリア語はこれを知っているととても楽に覚えられます。

イタリア語で2、3、4を due、tre、quattro というのです。
音も綴りもよく似ています。

それでは、デュオ、トリオ、カルテットの音と数を連想しながら、
due、tre、quattro の練習をしましょう。

tre、quattroのrは、イタリア語特有の「巻き舌」の r です。舌の先を震えさせるのです、無理してやらなくても大丈夫です。日本語でも「バカヤロー」の「ロ」が巻き舌になっている人もいますね。

イタリア語の1、2、3、4、は、uno、due、tre、quattro です。un gelato のように名詞と組み合わせてカタチが変化するのは uno だけですので、un gelato、due gelati、tre gelati、quattro gelati となります。gelati になっているのはなぜだかわかりますね。

数字の5は cinque です。1から5までを通して発音しましょう。

uno, due, tre, quattro, cinque

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

 

Copyright 2010 TO THE NEXT STAGE.Co All rights reserved.