第15日目 イタリア語の数と冠詞(4)

第15日目 イタリア語の数と冠詞(4)

il_postino

イタリア映画の名作のポスターです。

イタリア語の数と冠詞(4)
【 映画「イル・ポスティーノ」 】

南イタリアの島を舞台に郵便配達員のMarioと、詩人Nerudaとの友情を描いた作品、「イル・ポスティーノ」(1994年 マイケル・ラドフォード監督)は、心に沁みるいい映画でした。

記憶に残されている方も多いかと思います。

さて、題名のポスティーノは postino で「郵便配達人」のことを指しますが、この「イル」はなんでしょう?

これが今日学ぶ「定冠詞」というやつです。

おととい、不定冠詞(不特定なものを指す)を学びましたが、その反対で、定冠詞は「特定のものを指すとき」に使われます。こちらの方が学びやすいですね。

英語のタイトルはThe Postmanとなっているように、定冠詞は英語のtheのようなものだといえましょう。

さて、postinoは男性名詞ですか? 女性名詞ですか?

もう大丈夫ですね。男性名詞の単数です。

il がアタマにつくと、これだけで「男性名詞の単数」だとわかるのです。
ここが大切です。それでは発音練習をしましょう。

il postino

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

イタリア語の「男性名詞の単数」の定冠詞は「il」で、複数の場合は「i」です。libroは、oで終わるので男性名詞(単数)でしたからil libro、複数ではi libriとなります。

 

libro に、定冠詞をつけて、単数、複数と発音してみましょう。

il libro, i libri

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

  • i libri のときに語尾の「‐i‐i」が「韻(いん)を踏んでいる」ことを意識してみて下さい。
  • anno (年)のように、母音ではじまる場合は l’anno (単数)や gli anni (複数)のように定冠詞が変化する例外もありますが、まずはこの il libro 、i libri のカタチが基本です。