第16日目 イタリア語の数と冠詞(5)

第16日目 イタリア語の数と冠詞(5)

リストの「ラ・カンパネラ」という曲をご存知でしょうか。

イタリア語の数と冠詞(5)

【 リスト作曲「La Campanella」 】

昨日は、映画 Il Postino から、il が男性名詞(単数)の定冠詞であり、単数は il gelato、複数は i gelati になることを学びました。

ところで、みなさんは、リストというピアノの作曲家の代表作である「ラ・カンパネラ」をご存知でしょうか?

おそらく曲の冒頭を聴くと「あ、あれか」とお分かりになると思います。

 

このカンパネラはイタリア語で「鐘」という意味で、最初の「ラ」の la は、本日学習する女性名詞(単数)の定冠詞なのです。

最近、日本でも「ラ~」という店の名前を多く見受けます。これも定冠詞laにヒントを得ているのでしょう。

イタリア語の女性名詞の単数は pasta、pizza のように a で終わるので、la pasta、la pizza となり、韻を踏んでいます。

la campanella も「ラ」カンパネ「ラ」となりますね。

それでは、定冠詞laに意識して発音してみましょう。

la campanella

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

よく聴いてみると、ラカンパネッラではなくて、「ラカムパネッラ」に近いので、カタカナに惑わされず、聴いたまま発音してみましょう。

イタリア語の「女性名詞の単数」の定冠詞は「 la 」で、複数の場合は「 le 」です。例えば、pizza は、a で終わるので女性名詞(単数)でしたから la pizza、複数のときは le pizze のようになります。

pizza と複数の pizze に定冠詞をつけるとどうなるかを意識して、音声を聴いて発音してみましょう。

  • le pizze も e の音で韻を踏んでいます。il libro、i libri、la pizza、le pizze のうち、il libro 以外は、すべて語尾で韻を踏んでいるので、リズミカルに聴こえますね。

 

Copyright 2010 TO THE NEXT STAGE.Co All rights reserved.