第17日目 イタリア語の形容詞(1)

第17日目 イタリア語の形容詞(1)

buono

ボーナスをもらうのは「いいこと」ですね。

イタリア語の形容詞(1)

【 ボーナスが形容詞に!? 】

いよいよ、後半戦に入りました。

これまでのステップはとてもやさしく感じられたのではないでしょうか?この先の15日間も、あなたがご存知の知識から、イタリア語の世界へやさしくお招きいたします。

これから5日間は、「おいしい」「美しい」などの形容詞に入ります。

でははじめます。「ボーナス」という言葉の由来をご存じでしょうか?

ラテン語で「よい」という意味の bonus (ボヌス)から、「おまけ、贈りもの、特別の手当」といった意味になってきたのです。

一方、イタリア語として bonus は buono (ブオーノ)という「おいしい、すばらしい」といった形容詞になりました。

イタリア語の buono と英語の bonus(ボーナス)は親戚のことばだったのです。

それでは、buono という形容詞を発音してみましょう。

イタリア語の形容詞で、原形が buono のように、o で終わるものは、形容する名詞の性・数によって語尾が少し変化します。男性名詞の単数なら buono、複数なら buoni、女性名詞の単数なら buona、複数なら buone となります。ちょうど、gelato, gelati, pizza, pizze の語尾にそっくりですね。

形容詞 buono が、名詞の性・数(gelato, gelati, pizza, pizzeと同じ!)によって語尾変化するとどうなるかに気をつけ、音声を聴いて発音してみましょう。

  • bello (美しい)という形容詞も、同じようにして bello, belli, bella, belle と変化します。名詞と組み合わさるとどうなるかはまた明日!