第18日目 イタリア語の形容詞(2)

第18日目 イタリア語の形容詞(2)

pronto

私も行きつけのカフェPRONTOもイタリア語です。

 イタリア語の形容詞(2)

【 カフェ PRONTO 】

昨日から、形容詞に入りました。

buono, buoni, buona, buone の変化は大丈夫ですか?

今日は昨日の復習をかねて、別の形容詞で、といってもみなさんご存じの形容詞でおさらいしてみましょう。

それは、カフェの「プロント」です。

この pronto は「準備ができた、用意ができた」というイタリア語の形容詞なのです。

こちらも形容するものの性・数によって、
pronto, pronti, pronta, pronte と変わります。

例えば、Il pranzo è pronto. といったら、pranzo は「昼食」(この il はなんでしたか?)で、男性名詞の単数ですから pronto のままです。

è は「~です」にあたるbe動詞(あとのレッスンで学びます)ですから、「昼食の準備ができました。」ということなのです。

それでは、pronto という形容詞を発音してみましょう。

イタリア語の形容詞で、原形が pronto のように、o で終わるものは、形容する名詞の性・数によって語尾が少し変化します。男性名詞なら pronto (単数)、pronti (複数)、女性名詞なら pronta (単数)、pronte (複数)となります。

形容詞prontoが、名詞の性・数によって語尾変化するとどうなるか(libro, libri, penna, penneと変化は同じです!)に気をつけ、音声を聴いて発音してみましょう。

  • イタリアで電話をすると、必ず「Pronto.」と言います。これは日本語でいえば「もしもし」ということで、「準備ができた」という意味ではありません。pronto のもうひとつの使い方です。