第20日目 イタリア語の形容詞(4)

第20日目 イタリア語の形容詞(4)

cantabile

このマンガで、クラシックファンが増えたそうです。

第20日目 イタリア語の形容詞(4)

【 のだめカンタービレ 】

形容詞の変化は、

buono のように、buono, buoni, buona, buone というパターンと、

veloce のように、veloce, veloci  の2パターンしかありません。

今日は、この2つ目のパターンをもう一つ、しかも、とても「有名になった」形容詞でみてみましょう。それは、映画化、ドラマ化までされた人気マンガの「のだめカンタービレ」です。

これは  cantabile  と綴ります。

「歌」の canto や、「歌う」の cantare (カンターレ)、この2つに類する形容詞ですから、cantabile は、「歌うように」とか「歌いやすい」という意味なんですね。

こちらも、形容する名詞の「数」によって、
単数なら  cantabile
複数なら  cantabili  と変わります。

それでは、cantabile という形容詞をイタリア語として発音してみましょう。「のだめカンタービレ」という響きが変わって聴こえるようになるでしょう。

cantabile

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

アクセントの位置に気をつけましょう。ta のところにアクセントです。

イタリア語の形容詞で、原形が cantabile のように、e で終わるものは、形容する名詞の「数」によって語尾が変化します。単数なら cantabile、複数なら cantabili となります。

形容詞 cantabile が、名詞の「数」によってどう変化するかに気をつけ、音声を聴いて発音してみましょう。

cantabile, cantabili

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

  • 音楽用語は、イタリア語がたくさん使われており、cantabile もそのひとつです。