第21日目 イタリア語の形容詞(5)

第21日目 イタリア語の形容詞(5)


vino rosso

さあ、これまでの定冠詞、名詞、形容詞をつなげましょう。

イタリア語の形容詞(5)
【 赤ワイン 】

これまでの20日間で、読み方から名詞、冠詞、形容詞と学びました。

これらを組み合わせて「赤ワイン」でおさらいしてみましょう。

「ワイン」のイタリア語は、vino です。

これは、男性形ですか? 女性形ですか?

gelato と同じ男性形単数ですね。

それでは定冠詞は何でしたか?

映画「イル・ポスティーノ」と同じ il 、
よってil vino となりますね。

「赤い」はrosso 、語尾はそのままですから・・・

赤ワインは il vino rosso となります。

こんな風に、定冠詞+名詞+形容詞を組み合わせると、
イタリア語の表現らしくなってきましたね。

イタリア語では常に
「男性形か、女性形か、単数か、複数か」
これを常に意識することを感じていただければ、と思います。

それでは「赤ワイン」を発音してみましょう。

il vino rossoのように、イタリア語の名詞と形容詞が結びつくときは、「名詞+形容詞」の順番が基本です。
ただ、形容詞によっては、「形容詞+名詞」のときもあります。la prima donna (=プリマドンナ、主役のオペラ歌手)が典型的な例です。primaは「一番目」、donnaは「女性」です。こうした例もありますが、最初はあまり気にしなくても必ず慣れてきます。

 

「新しい」は、nuovo です。それでは複数形で「新しい本」と表現してみましょう。そのあとに音声を聴いて確認しましょう。

 

i libri nuovi

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

※ libroの複数は、libri となり、定冠詞はi 、nuovo はnuovo, nuovi, nuova, nuoveと変化するので、i libri nuovi となります。