第22日目 イタリア語の動詞(1)

第22日目 イタリア語の動詞(1)

「ドミトリー」からいよいよ「動詞」の学習です。

第22日目 イタリア語の動詞(1)

【 「眠る」ためのドミトリー 】

いよいよ動詞の登場

とうとうここまで来ました。あと10日間です!

読み方、名詞、冠詞、形容詞、の基本を学んだので、何かご自分で、イタリア語のフレーズを作ってみたい、そんなお気持ちになったらしめたものです。

いよいよ、「動詞」を使えばイタリア語のフレーズができます。イタリア語の動詞というのは、とても面白い働きをします。「眠る」という動詞 dormire を例にしてみましょう。

まず、

  • 「私は、眠る」は dormo
  • 「君は、眠る」は dormi
  • 「彼・彼女は、眠る」は dorme

と言います。

あれ?主語がありませんね。

どうして「私は」などの主語がないかわかりますか? よく見ると、語尾が dormo, dormi, dorme のように変化していますね。

この変化を「動詞の活用」と呼びます。

もちろん「私は、君は」などの主語はあります。ただ、省略されても、この「動詞の活用」で主語がわかってしまうため、イタリア語では、主語が省略されることが多いのです。

今日は、このことがわかればOKです。

それでは、dormire という動詞の活用を「主語を意識して」発音してみましょう。

dormire, dormo, dormi, dorme

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

 

語尾の音が変わることに気をつけましょう。イタリア語はこの語尾の音で主語を判断するのです。

 

 

動詞は、主語によって dormo, dormi, dorme のように変化します。この変化を「動詞の活用」と呼び、活用する前の dormire  は「動詞の原形」と呼びます。「私は、君は」などの主語はありますが、省略されても、この活用だけで主語がわかります。

 

動詞 dormire と poco(少し、ちょっと)とを使って、「私はちょっとだけ眠る(=あんまり眠れない)」と言ってみましょう。音声を聞いて発音してみましょう。

Dormo_poco

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

 

  • 冒頭の写真「ドミトリー(英語dormitory)」の語源は、ラテン語のdormitoriumで、dormire(眠る)+ – orium(- ory)= 眠る場所 ⇒ 「寮、寄宿舎、団地、ドミトリー」となりました。