第23日目 イタリア語の動詞(2)

第23日目 イタリア語の動詞(2)ドミトリー

コラボレーションを分解してみましょう

第23日目イタリア語の動詞(2)

【 コラボレーション 】

昨日、動詞を活用させると主語までわかる、と学びました。これはイタリア語でとても大切なので、いろいろな動詞で慣れていきましょう。

コラボレーションという言葉を知っていますね。

これは collaboration と書き、

co (共に) + laborate (働く)ということで「共同作業」になります。

このことから、イタリア語の動詞「  lavorare  」が、「働く」であることは、イメージがつくと思います。

昨日のように主語によって

  • 「私は働く」は lavoro
  • 「君は働く」は lavori
  • 「彼・彼女は働く」は lavora

と変化します。

昨日の、dormo, dormi, dorme とよく似ていますね。
この変化を「動詞の活用」と呼びます。

  • 「私は」のときは  o で、
  • 「君は」のときは  i 、
  • 「彼・彼女は」のときは a または e

となっています。

このように「動詞の語尾の音」で主語を判断します。

今日は、ここまでです。

 

それでは、lavorare という動詞の活用を「主語を意識して」発音してみましょう。

lavorare,  lavoro, lavori, lavora

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

語尾の音が変わることに気をつけましょう。

 

動詞は、主語によってlavoro、lavori、lavoraのように活用します。「私は、君は」などの主語はありますが、省略されても、この活用だけで主語がわかります。

 

 

動詞 lavorare  と tanto (たくさん)とを使って、「私はたくさん働きます」と言ってみましょう。そのあとで音声をよく聴いて発音してみましょう。

lavoro tanto.

発音はココをクリック

(再生できない方はこちら)

 

Copyright 2010 TO THE NEXT STAGE.Co All rights reserved.