第24日目 イタリア語の動詞(3)

第24日目 イタリア語の動詞(3)ドミトリー

このカード、よく使う動詞とつながっているのです・・・。

第24日目イタリア語の動詞(3)

【 切り札のジョーカー 】

dormo, dormi, dorme  や、lavoro,lavori,lavora  で、「主語を省略しても主語がわかる」とご説明しました。

で、省略された主語は何? と思われたのではないでしょうか?

主語を入れると、io dormo, tu dormi, lui dorme または lei dorme となります。

io が「私」、tu が「君」、lui が「彼」、lei が「彼女」となります。

主語を強調する必要があったり、彼が Roberto であると言いたかったりすれば主語を省略しては誰だかわからないので、こういうときはもちろん省略はしません。

ただ、主語のない形にはじめからなじんでおくと、あとあと上達しやすいのです。

 

さて、トランプの「ジョーカー」は joker と綴りますが、このレッスンの4日目で学んだとおり、
japan が giappone のように、イタリア語は J が G になることがよくあります。

joker や「冗談、ジョーク」の joke と同じ語源のイタリア語の動詞は giocare  で、「遊ぶ」です。

それでは、giocare という動詞の活用を「主語を意識して」発音してみましょう。

 

giocare ;  gioco, giochi, gioca

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

 

giochi が gioci とならないのは、gioci ですと「チ」となってしまうからです。chi の読み方はいいですね。

 

イタリア語の主語は、ioが「私」、tuが「君」、luiが「彼」、leiが「彼女」です。「私たち」「君たち」などの複数形は、またの機会に。

 

動詞giocare のあとに「a+calcio(サッカー)」で「サッカーをする」となります。では、「私はゴルフ(golf)をします。」と言ってみましょう。そのあとで音声をよく聴いて発音してみましょう。

 

Gioco a golf.

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

  •  Gioco a Tennis. だと「私はテニスをします」となり、便利な表現です。