第25日目 イタリア語の動詞(4)

第25日目 イタリア語の動詞(4)

アンダンテ

音楽のアンダンテ、アルデンテではありません。

第25日目イタリア語の動詞(4)

【 アンダンテは「移動する」スピード 】

dormire, lavorare, giocare という動詞を通して、「 o 」「 i 」「 a または e 」の活用にも慣れてきたのではないでしょうか?今日も、大切な動詞をひとつとりあげます。

音楽用語の「アンダンテ andante 」を耳にしたことがあると思います。これは遅くも速くもなく、ちょうど歩いて「移動」するようなほどよいテンポのことを指します。

このandante のもとになっているのが、andare 「行く」という動詞なのです。

活用は、ちょっと変わった不規則なもので、

vado(私), vai(君), va(彼・彼女)

となりますが、語尾の音は、lavorare のときと変わりませんね。

さて、今日はちょっと進んで、主語が複数のときをみてみましょう。つまり「私たち、あなたたち、彼ら・彼女ら」です。

これはそれぞれ、

andiamo(私たち), andate(あなたたち), vanno(彼ら・彼女ら)

と変化します。

つまり、イタリア語の動詞は、主語が単数・複数あわせて「6つ」の活用があります。今日は、6つあるんだな、と知っていただくだけで構いません。

それでは、andare という動詞の活用(単数のみ)を発音してみましょう。

andare ;  vado, vai, va

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

 

 

語尾の音が変わることに気をつけましょう。

 

 

andare 動詞は、vado, vai, va と活用します。また、主語が複数のときはandiamo, andate, vannoと活用します。つまり、動詞の活用は単数・複数あわせて6つあります。

 

動詞 andare +in(前置詞)+国名で、「~へ行く」となります。「私はイタリアに行く」、と言ってみましょう。

 

Vado in italia.

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

  • Vai in Italia? とすれば、「君はイタリアに行くの?」という質問になります。