第26日目 イタリア語の動詞(5)

第26日目 イタリア語の動詞(5)

ベルボ

動詞が「中心」です。

第26日目イタリア語の動詞(5)
【 イタリア語のフレーズをつくるには 】

このメルマガ31日間プログラムもいよいよ終盤に入り、動詞が、主語によって活用することを学んでいます。

lavorare が、lavoro, lavori, lavora となるように。

では、動詞の活用を知ればイタリア語のカンタンなフレーズが作れる、ということを今日はお伝えしましょう。

フレーズ、つまり一つの文章とは、活用した動詞と、これまでに学んだ名詞や形容詞とを「組み合わせる」だけ、なのです。このようにとてもシンプルに考えることが大切です。

中学生の頃に、英語で習ったS、V、O、Cを覚えていますか?

Sは主語、Vは動詞、Oは「~を」の目的語、Cは「(主語が)~である」の補語でしたね。

これらを「組み合わせる」こと、つまり、

  • S+V
  • S+V+C
  • S+V+O

のように組み合わせれば、立派なフレーズが作れるわけです。

また、英語でいえば、
I sleep.(S+V)が、イタリア語では、
Dormo.(V)となりますね。

dormire  や lavorare は、S+Vの文型に使える動詞です。

さらに「私は」などのS(主語)を省略した場合は・・・、「V」だけ、という一番シンプルな文型となっているわけです。

英語よりもシンプルですが、これでも立派なイタリア語のフレーズなのです。

ですから動詞の活用をさせれば、イタリア語のカンタンなフレーズ(文)がもうつくれるんだな、
そう感じていただければ、大きなステップとなります。

明日からは、ほかの動詞を学びながら、

  • S+V+C(~は~である)
  • S+V+O(~は~を~する)

という2つの文型を、学んでいきましょう。

S+Vと合わせた、この3つの文型だけで、かなりの表現ができるようになります。

 

 

本日は、練習はありません。「動詞を中心に、組み合わせる」、というイメージだけ、つかんでください。