第27日目 イタリア語の動詞(6)

第27日目 イタリア語の動詞(6)

エッセンス

エッセンスとは「本質」

第27日目イタリア語の動詞(6)

【 エッセンス 】

昨日、カンタンなイタリア語のフレーズを作るには、S+V、S+V+C、S+V+Oの3文型、つまり動詞と、名詞や形容詞などの「組み合わせ」を行えばいい、というお話をしました。

今日は、この文型の中から「S+V+C」を学びましょう。

「バニラエッセンス」などの essence は、モノの本質や存在をあらわしています。イタリア語の essere という動詞も、同じ語源です。

「~である」という存在、つまり英語でいうbe動詞なのです。

活用は主語が単数だと

  • sono(私は),
  • sei(君は),
  • è(彼、彼女は)

となります。

これをS+V+C(=主語+動詞+補語)の文型にあてはめると、例えば、Koji è giapponese.(コウジは日本人です。)となります。

「彼は」などの人称代名詞であるS(主語)を省略した場合には・・・、「V+C」という一番シンプルな文型となります。

È giapponese. (彼(彼女)は日本人です。)

これでも立派なイタリア語のフレーズです。

それでは essere 動詞の活用を「主語を意識して」発音してみましょう。

eの上に「、」がついているのは、アクセント記号です。ちょっと強めに発音します。

essere動詞は英語のbe動詞にあたります。主語が複数の場合は、siamo, siete, sonoとなります。

それでは「私は日本人です」と言ってみましょう。そのあとで音声をよく聴いて発音してみましょう。

Sono giapponese.

発音はここをクリック 

(再生できない方はこちら)

  • giapponese の複数は覚えていますか? 「私たちは日本人です。」は Siamo giapponesi. となります。