第28日目 イタリア語の動詞(7)

第28日目 イタリア語の動詞(7)

avere

 第28日目イタリア語の動詞(7)

【 (have)-(h)= ? 】

動詞の活用を使えば、形容詞や名詞と組み合わせて、文章がつくれることがわかってきたかと思います。

今日は、「S+V+O」の文型を学びましょう。

登場する動詞は、英語でいうhaveです。イタリア語の原形は avere  なのですが、haveから冒頭のhをとると、aveになると考えると、なじみやすいですね。

活用は、(io私)ho, (tu君)hai, (lui彼・lei彼女)ha, とカタチが変化します。

これを「S+V+O」の文型にあてはめてみましょう。例えば「ロベルトはペンを持っています。」だとどうなるでしょう。

Roberto ha una penna.

となります。

「彼はペンを持っています。」であれば、人称代名詞を省略できるので、

Ha una penna.

となります。

それでは、avere動詞の活用(単数のみ)を発音してみましょう。

avere ;  ho, hai, ha

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

イタリア語はHを発音しません。「オ、アーイ、ア」となります。

avere 動詞は、主語によってho, hai, ha と活用します。また、主語が複数のときはabbiamo, avete, hannoと活用します。

avere動詞を使って「君はペンをもっている?」と質問してみましょう。

  • こういったイタリア語の疑問文は、語順が変わったりはしません。文末に「?」をつけるだけなのです。イントネーションが変わるので、よく聴いて発音してみましょう。

 

Copyright 2010 TO THE NEXT STAGE.Co All rights reserved.