第29日目 イタリア語の動詞(8)

第29日目 イタリア語の動詞(8)

parlare

「おしゃべりな」女性に人気のフルーツパーラーです。

第29日目イタリア語の動詞(8)

【 フルーツパーラー 】

主語+動詞+目的語の「S+V+O」の文型を今日も、ひとつ学びます。主語が決まれば「動詞の活用」と名詞を組み合わせて、カンタンなフレーズがすぐできます。その感覚をつかんでいきましょう。

 

おいしいフルーツやパフェが食べられる喫茶店の「フルーツパーラー」をご存知かと思います。では、この「パーラー」とは、何でしょう?

古いフランス語の parloir に由来し、「parler 話す+ oir 場所」という成り立ちがあったそうです。英語では、parlor と書き、意味は「応接間、談話室」です。つまり、「しゃべる場所、話しあう場所」なのです。

この「パーラー」を知っていると、イタリア語の動詞 parlare  (話す)がぐっと身近になります。

活用は、parlo, parli, parla となり、語尾は「 o, i, a 」ですね。

これを「S+V+O」の文型にあてはめて、「マリアは日本語を話します」だとどうなるでしょう。

Maria parla giapponese.

となります。カンタンですね。

それでは、parlare動詞の活用(単数のみ)を発音してみましょう。

parlare ; parlo, parli, parla

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

parlare 動詞は、主語によってparlo, parli, parla と活用します。また、主語が複数のときはparliamo, parlate, parlanoと活用します。

parlare動詞を使って「私はイタリア語を話します。」と言ってみましょう。

Parlo italiano.

発音はここをクリック

(再生できない方はこちら)

  • 先ほどのgiapponese やitaliano に定冠詞はつかないのでしょうか。いいご質問です。「(言語)を話します」という場合、定冠詞はつけてもつけなくても構いません。
  • ちなみにgiapponese(日本語)に定冠詞をつけるとil giapponse となります。男性形の定冠詞でもitaliano(イタリア語)のように母音ではじまっているものは、l’italianoとなります。