第30日目 イタリア語の動詞(9)

第30日目 イタリア語の動詞(9)

studiare

イタリア語には英語とよく似ている単語がたくさんあります。

 第30日目イタリア語の動詞(9)

【 study 】

残り2日間となりました。

動詞の活用ができると、イタリア語のカンタンなフレーズはつくれそうだな、そんな感覚を得ていればしめたものです。

イタリア語には英語によく似ている単語がたくさんありますが、この studiare が典型的な例です。

英語の study (勉強する)とまったく同じ意味です。活用は、もう想像できますか?

studio, studi, studia となります。

これを「S+V+O」の文型にあてはめると、例えば「タダシは、イタリア語を、勉強しています。」は、

Tadashi studia l’italiano.

となります。

それでは「君は、日本語を、勉強しているの?」は、どうなるでしょう。

Studi il giapponese?

となります。

このように、動詞と名詞の組み合わせでフレーズがどんどん作れますね。

それでは、studiare動詞の活用(単数のみ)を発音してみましょう。

studiare 動詞の活用は、主語によってstudio(私), studi(君), studia(彼・彼女), studiamo(私たち), studiate(あなたたち), studiano(彼ら・彼女ら)となります。iが重なるため、studiiとはならないことだけが例外です。

 

studiare動詞と副詞のtanto(たくさん)を使って「私はたくさん勉強します。」と言ってみましょう。