アンチ巨人

baseball.jpg

アンチ巨人の「アンチ」とは

プロ野球で、読売巨人軍を嫌いだ、というとき、「アンチ巨人」といいますね。これはジャイアンツの黄金時代であった昭和40年代頃からある言葉だそうです。

私の父親も「アンチ巨人だ」と言っていますが、巨人の選手のことは詳しいし、巨人の試合結果ばかり気にしているので、本当は巨人のファンなのかもしれないと思っています。

それはさておき、この「アンチ」とはなんでしょうか?

日本語でいうなら「反~」ということですから、実はこの言葉、起源はギリシア語にまでさかのぼり、イタリア語の辞書を見ただけでも、この「アンチ」がつく単語がたくさん出てきます。

anticomunismo 「反共産主義の」

antifascismo 「反ファシズム」

となるわけです。政治や思想に関しての単語が多いようです。

ただ気をつけなくてはいけないのは、この「 anti 」は、「反~」の他に、もうひとつの意味で使われることも多いのです。それはなんでしょうか?

ヒントは「 anti 」のつく言葉、

アンティパスト、アンティシペーションなどを

考えてみるとよいでしょう。

 

ひとりごと

久しぶりに、イタリアの推理小説を読んでいます。早く続きを読みたくなってしまいます。わからない単語は飛ばして読んでいますが、早速、今回の anti に類する anticamera という単語が登場して嬉しくなりました。